TVCM放映中!!
カー用品情報

タイヤ・ホイール
オイル
バッテリー
カーエレクトロニクス
洗車・メンテナンス・補修用品
車内便利グッズ
車外用品
その他おすすめ商品
くるま生活塾

オイル交換ネット予約

WEBチラシ

車検見積
お近くの店舗が車検価格をお見積り、ご相談に丁寧にお答えします

スマートフォン「アプリ」開設!!

モバイルメールサービス

LINE公式アカウント開設記念キャンペーン
毎日のお買得情報
お知らせ
スマートフォン「アプリ」
LINE公式アカウント
メールマガジン
イエローハット車検
車検お見積り&ご相談窓口
タイヤで選ぶならイエローハット
オイル交換ネット予約
WEBチラシ
プライムワランティ
SDカード優遇店特典
自賠責保険
その他メンテナンス

ラジエーター関連用品

怖いのはオーバーヒート
走行中クルマのエンジンは非常に高温になります。エンジンを一定の温度に保っているのがラジエーターや冷却液で構成された冷却装置。正常に働いていないと、オーバーヒートになって、最後には焼きつきを起こして走行不能になり、修理に多くの費用と時間を費やす結果となることがあります。

長期間冷却液を変えずにそのまま使っていたり、不足しているとオーバーヒートが起こりやすくなりますので、定期的なチェックが必要です。

密閉されているが、使うと汚れてくる
ラジエーターやエンジン内を循環している冷却液は、密閉されていて汚れないように思うでしょうが、やはり汚れてきます。汚れていると、ラジエーターが目詰まりしてオーバーヒートを起こしやすくなります。さらに冷却液が減ることもオーバーヒートの原因。冷却液は自然に減ってもいきます。リザーバータンクをチェックし指定の量に保っておく必要があります。減りが早ければ、ホースなどから漏れていないかチェックすることも忘れないように。

定期的な冷却液やラジエーターキャップの交換と走行中の水温計のチェックが、オーバーヒートを起こさないポイントです。
ラジエーター関連用品
豆知識へ
ラジエーター関連用品のラインナップはこちら
ラジエーターキャップラジエーターキャップ その他ラジエーター関連商品その他ラジエーター関連商品

ラジエーター関連用品

ラジエーターって何?

ラジエーターとは熱くなったエンジンを冷やす冷却装置の一つ!

エンジンは走行中非常に高温になるんだ!だから走行中はエンジンを冷やす必要があるんだ。この役割をしているのがラジエーターや冷却液を始めとする冷却装置なんだ!

車の冷却装置はこんな物があるんだ!

冷却液
その名の通りエンジンを冷やす液体。クーラントとも呼ばれるね。
エンジン、ラジエーター間を循環しているんだ。
ラジエーター(熱交換器)
エンジンの熱で熱くなった冷却液を外気によって冷やすんだ。
冷却ファン
羽根を回して風を送りラジエーターの冷却を補助するためのもの。
ラジエーターキャップ
冷却システム内の圧力を一定に保ち、冷却液が沸騰しないように沸点を上げる役割をしているんだ。
サーモスタット
ラジエーターへの冷却液の流れを制御して、適温に保つ役割をしているんだ。

ラジエーターの構造は、いたってシンプル!エンジンからの熱くなった冷却液はラジエーター内を通るときに、周囲の空気の温度差で熱が奪われ、冷やされた冷却液が再びエンジンへと戻り、循環するという仕組みになっているんだ。そして、サーモスタット、ファンなどの調整部品により、冷却液の温度が一定に保たれるシステムになっているんだよ。

ラジエーターのメンテナンスってどうすればいいの?

一番重要なのは冷却液の量と汚れ!

もし、冷却装置が正常に働いていないとエンジンの熱によって熱くなった冷却液の水温が上昇して走行が出来なくなってしまう。いわゆる“オーバーヒート”

オーバーヒートの原因で多いのが冷却液の不足!
エンジンに十分な量の冷却液が循環しないとエンジンの熱によりどんどん水温が上昇してしまうんだ。
だから、水温計を見る事と、冷却液の量の点検はとても大事!!

冷却液の量はエンジンルーム内にある「リザーバータンク」で確認できるんだ。
点検はだれでも簡単!リザーバータンクのLOWとFULLの目盛の間にあれば適正だよ。
冷却液は自然と少しずつ減っていくから定期的に点検、減っていたらリザーバータンクに補充しよう!
また、余りにも減っていたらホースなどから漏れていないかもチェックする必要があるね。

冷却液の定期的な交換も必要!

エンジンとラジエーターを循環している冷却液も使用するにつれ汚れてくるんだ。
汚れた冷却液が原因でラジエーターが目詰まりしてオーバーヒートを起こしやすくなったり、 汚れでパーツが錆びてきてしまうから交換が必要なんだよ!

冷却液の交換目安!

ロングライフクーラントの場合は2年または2万キロ
スーパーロングライフクーラントの場合は7年または16万キロ
定期的に交換をしてオーバーヒートを防ごう!!

冷却液の補充や交換は水でいいの?

冷却液はロングライフクーラントにしよう!

冷却液に水を使用すると、ラジエーターなどのパーツが錆びてしまい、また外気の温度に影響を受けやすく、時には寒い冬の朝に凍ってしまうこともあるんだ!

冷却液に使用するのは、ロングライフクーラント(LLC)!

LLCは外気温に左右されにくく不凍効果や防錆効果もあるんだ。しかも耐久性も非常に高い!冷却液の万能選手なんだよ!

LLCには色があるんだ

LLCには基本的に「赤」と「緑」がある!
どっちの色が性能が良いとかではなく、
基本的にはメーカーによって色を使い分けているんだ。
例えば:トヨタ・ダイハツは赤、その他のメーカーは緑を使用しているよ。
※一部車種・輸入車は除く

冷却液の交換時にはラジエーターキャップも交換を!

ラジエーターキャップ ラジエーターキャップは冷却装置全体に圧力を加えて冷却液の沸点を上げる役割をしているんだ。もし、ラジエーターキャップが劣化していると圧力がかからず冷却液が沸騰しやすくなってしまうんだ。
ラジエーターキャップの劣化=“オーバーヒート”を起こしやすくなるという事だね
だから、冷却液を交換する時にはラジエーターキャップも一緒に交換するといいよ!

もし、オーバーヒートしてしまったらどうしたらいいの?

まずは車を停車する!そこから慌てず対処しよう!

冷却液の点検を定期的にしていても、オーバーヒートは起こることもある。
万が一水温計が上昇していたら、まずは車を安全な場所に停車しよう。
その後エンジンはアイドリング状態でかけたままボンネットを開けて冷却液が冷えるのをしばらく待とう!
※ただし、状態によってはエンジンを止めて冷やす場合もあります。

水温計が落ち着いたらすぐに近くのガソリンスタンドや専門業者に点検に出そう。水温が正常になってもラジエーターなどのチェックが必要だよ!

特に夏場は冷却液の温度が上がりやすいから注意が必要!水温計を見る癖をつけることが大切だね。