TVCM放映中!!
カー用品情報

タイヤ・ホイール
オイル
バッテリー
カーエレクトロニクス
洗車・メンテナンス・補修用品
車内便利グッズ
車外用品
その他おすすめ商品
くるま生活塾

オイル交換ネット予約

WEBチラシ

車検見積
お近くの店舗が車検価格をお見積り、ご相談に丁寧にお答えします

スマートフォン「アプリ」開設!!

モバイルメールサービス

LINE公式アカウント開設記念キャンペーン
毎日のお買得情報
お知らせ
スマートフォン「アプリ」
LINE公式アカウント開設記念キャンペーン
メールマガジン
イエローハット車検
車検お見積り&ご相談窓口
特価タイヤZETRO
オイル交換ネット予約
WEBチラシ
プライムワランティ
SDカード優遇店特典
自賠責保険
HOME > カー用品情報 > 洗車・メンテナンス用品補修 > ボディ用補修用品
その他メンテナンス

ボディ用補修用品

愛車なら、小さなキズでも大きく見える
細い道でバンパーのカドをこすってしまったなど、ごく小さなキズでも気になるものです。でも、軽いキズならお客さま自身でほとんど目立たないように補修できます。
補修グッズを用意し、手順と方法さえ知っていれば、小さなキズならわりと簡単に愛車が元の姿にもどります。

キズをそのままにしていると・・・
キズもさまざまなものがあります。塗装が剥がれ下地までいってしまっているキズをそのままにしておくと、サビが広範囲に広がってしまいます。

ちょっと表面部分を擦ったようなキズなら、コンパウンドで磨く程度で補修ができることも。洗車をするときが、キズを発見する絶好のチャンス。一度キズの補修にチャレンジしてみましょう。

ボディ用補修用品
豆知識へ
ボディ用補修用品のラインナップはこちら
スプレーペイントスプレーペイント タッチペイントタッチペイント その他ボディ用補修用品その他ボディ用補修用品

ボディ用補修用品

この間、車にキズをつけちゃったんだ・・・

ちょっとしたキズは自分で補修しよう!

「狭い道でバンパーを擦ってしまった」「知らないうちに線がついた」 「イタズラでつけられた」など車のボディやバンパーにキズが付いてしまう事は多いよね。

ちょっとしたスリキズや線キズだったら自分でもかなりキレイに直せるんだ。
修理に出せば高くつく物も、自分で補修グッズを揃えて修理が出来れば、とっても安く済むよね。
しかもやってみると意外と簡単!手順とやり方、補修グッズがあれば誰でもちょっとした補修なら出来るんだ。日曜大工など作業をするのが好きという人は面白いと思うかもしれないね。

擦ってしまったバンパーの補修を教えて!

バンパー補修は補修の基本!

バンパーは狭い道や車庫入れで擦ってしまう事が多いから一番キズをつけてしまいやすい場所なんだ。だからバンパー補修を知っておくととても役に立つよ!

キズの具合によって補修のやり方も変わってくるんだ!

塗料が擦れただけのごく浅いバンパーのキズ


こんなキズなら塗装は不要!磨くだけでキレイになるよ。

必要なアイテム
コンパウンド細目 コンパウンド極細 液体コンパウンド コンパウンド
専用スポンジ




まずはコンパウンド細目で磨こう。
スポンジが軽くつぶれるくらいの力加減で直線方向に。
乾いてきたら液を足してね。
磨いているとキュッキュッという音が出るけど、それは磨きが上手くいっている証拠。
心配いらないよ。

キズが見えなくなったらコンパウンド細目は終了。
磨きカスはキレイに拭き取っておこう。

全体がくもったように見えるけど、仕上げの磨きでピカピカになるから大丈夫!



ピッカピカのバンパーが復活!
仕上げにWAXをかけておけば、さらに潤いのある艶に仕上がるよ。

詳しい補修のやり方はこちら

「あー少し擦ったかな!?」と思った時のキズは、この擦れただけでキズのように見えるものが案外多いんだ。     

表面が削れただけの浅いバンパーのキズには塗料が必要!!



一番多いキズがこの塗装が剥がれてしまったバンバーキズ!このキズの補修が“補修の基本”になるんだ。

塗装が剥がれてしまっているから、もちろん塗装が必要になるよね。
まずは、自分の塗装の色を用意しなきゃダメ!

車のカラーナンバーを知ろう!

車の塗料にはそれぞれカラーNOがあるんだ。だから自分の車のカラーNOがわかれば、スプレーペイントやタッチアップペンの塗料が用意出来るよね。


塗料はカラー塗料だけじゃダメ!


車のボディ、バンパーには単にカラー塗料だけが塗られているわけじゃない。
メタリック、パール・マイカ塗装ならその上にクリアーを塗らなきゃいけないし、カラー塗料の下にも、プラサフというサビ防止や保護のための下地塗料を塗らなきゃダメなんだ!

カラースプレーペイント、下地塗料の他、必要な補修グッズを用意して準備はOK!

必要なアイテム
耐水サンドペーパーセット サンドペーパー用研磨パッド シリコンオフ300 バンパープライマー
       
 
マスキングテープ カラースプレー クリアー塗料  

いざ補修スタート!

準備ができたらいよいよ表面が削れたバンパーの補修をしてみよう


下地処理シャンプーやコンパウンドシートで、周囲の塗装の汚れも落としておくのがオススメ。


耐水サンドペーパー320番→600番の順に、キズの部分と周囲の段差をならしていこう。
指でなでても段差を感じなくなるまでていねいに磨こう。


シリコンオフをスプレーして、きれいなタオルで油脂を拭き取ろう。



キズと周囲の境目より3cmくらいのところまでマスキングする。
カラー塗装のマスキングではないのでそんなにナーバスにならなくても大丈夫!

  1. バンパープライマーをサッとスプレーしよう。拭き取っちゃダメだよ!
  2. プラサフを塗装する。
一気に塗ろうとしないで数回に分けて、塗り重ねていこう。
キズが完全に見えなくなるまで塗ることが大事だよ!
塗り終わったらマスキングを外し、表面がサラサラになるまでしばらく乾燥させよう。


耐水サンドペーパー1000番を使って、プラサフと周囲の塗装の段差をていねいにならしていこう。


シリコンオフを忘れずに。


左右は広くあけてマスキングしよう。


カラーペイントを塗装し、次にクリアーを塗ろう。最後にボカシ剤で周囲の塗装との色合いをなじませればOK。
カラー塗装のコツはこちら


コンパウンドシートで塗装のザラつきをならした後、コンパウンド極細→液体コンパウンドで磨き上げていこう。


ほら、これでこんなにキレイ!
仕上げにWAXをかけておけば、さらにうるおいのある艶に仕上がるよ。詳しい補修のやり方はこちら

  この補修をマスターすれば、他の補修も要領は同じ。まずはこのバンパーのキズ補修を覚えよう!    
   
   

イタズラでひっかきキズをつけられた事があるんだけど・・・

線キズにはタッチペンで補修をするんだ!

イタズラでつけられてしまったり、気がつかないうちについていたなんて事が多いのがこの「線キズ」。
細いけど深いキズだからスプレーで補修するのではなく細い筆で塗る「タッチアップペン」で補修するんだ。
線キズだけでなく、ほんの少し塗装が剥がれてしまった時にも使えるから重宝するよ!

では、線キズの補修をやってみよう!


まずはコンパウンド磨きで消せるキズは消してしまおう。


サンドペーパーを折り曲げ、キズの中のサビ・汚れをとろう。
※サビ・汚れが残っているとペイントのノリが悪くなるのでしっかりと。


シリコンオフをスプレーして、きれいなタオルで油脂を拭き取ろう。



塗料がキズからはみだしてもいいように、キズに沿ってマスキングテープを貼ろう。


筆を走らせるのではなく点を打つようにキズの溝を塗料で埋めていこう。

これだけでもずいぶんと目立たなくなるね。
この後、研磨作業をすればさらにキレイな仕上がりになること間違いなし!


1週間しっかり乾燥させよう。
塗り重ねた塗料が中まで乾ききるまでに必要な日数は1週間。半乾きのまま研磨して平滑に仕上げてしまうと、後から塗料がヤセてきて凹んでしまうよ。塗料を平滑にするコツは、とにかくしっかりと乾燥させること。要注意!

<ここで終了してもいいけど、さらに仕上がりレベルを上げるには次へ>

  1. マスキングする
  2. サンドペーパーで磨く。
    サンドペーパーで研磨していこう。貼り重ねたマスキングテープの高さまで削れたら、1枚はがして再び研磨していき、最後の一枚の高さまで丁寧に研磨していこう
  3. コンパウンドで磨く。
    細め→極細→液体と、段々コンパウンドの目を細かくし、仕上げていこう。



ほとんど目立たない”納得の仕上がり”の完成!

使用するアイテム (どこまで仕上げるかによって使うアイテムは違ってくるよ)
コンパウンド細目 コンパウンド極細 液体コンパウンド マスキングテープ
コンパウンド
専用スポンジ
耐水サンドペーパー
セットS
サンドペーパー用
研磨パッド
タッチアップペン
     
シリコンオフ300      

詳しい補修のやり方はこちら

  これなら私にも出来るかな!  
   
   

でももっと簡単にできるものは無いの?

それなら“エアタッチ”がオススメだね!

普通のペイントスプレーだとスプレーの範囲が広いから下地処理、マスキング、塗装後の処理などどうしても手間が多いよね。
その手間を少なくしたのがこのソフト99“エアタッチ”なんだ!
自分のカラーNOのタッチアップペイントとこのエアタッチを組み合わせることで非常に薄く、狭い範囲でスプレーする事が出来るんだ!

こんなキズならエアタッチでOK !

  だから小さくて浅いキズならマスキングも下地処理も不要!とっても簡単に塗装が出来るんだ!薄く少しずつ塗装していくから失敗も少なくて済むしね!    
   
   

では、エアタッチの補修をやってみよう!


キズ発見!!


※タッチアップペンは車のカラーに合わせて選んでね。


※しっかり締めよう。



完成!



     
   
   

エアータッチについて詳しくはこちら

大きなキズをつけてしまったらどうすればいいの?

無理は禁物だよ!

小さいキズや浅いキズの比較的簡単な補修を紹介したけど、深いキズや広範囲のキズ
さらには凹んでしまったキズなどの補修グッズももちろんある。
でも、大きいキズになるほど使う補修用品も多くなるし、それを使うための技術と知識が必要になるんだ。

     
   
   

鈑金・塗装
「鈑金・塗装」はこちら