タイヤの役割

基礎知識1タイヤの役割

路面と接する唯一の自動車部品であり、大切な機能を果たすタイヤ。
タイヤは4つの役割を発揮するために作られています。

車の重量を支える役割
タイヤ1本あたりが接地する面積はわずかハガキ1枚分ほどです。
1本当たり400kg前後の重さを支えています。
衝撃を吸収し、乗り心地を良くする役割
主にゴムと空気でできているタイヤは、
走行中に路面から受ける衝撃を
タイヤの空気がバネとなって緩和する働きがあります。
乗り心地という面でとくに重要な役割を担っています。
「走る」「止まる」という役割
エンジンのパワーを路面に伝えて、発進や加速を行ったり、
ブレーキで減速、停止させるなどがタイヤの重要な役割。
タイヤが正常に働いて初めてドライバーの意思通りにコントロールすることができます。
クルマの進路を決める役割
タイヤには、右折、左折、直進するというように、走る方向を自由に変えて、その進路を保つ役割があります。