TVCM放映中!!
カー用品情報

タイヤ・ホイール
オイル
バッテリー
カーエレクトロニクス
洗車・メンテナンス・補修用品
車内便利グッズ
車外用品
その他おすすめ商品
くるま生活塾

オイル交換ネット予約

WEBチラシ

車検見積
お近くの店舗が車検価格をお見積り、ご相談に丁寧にお答えします

スマートフォン「アプリ」開設!!

モバイルメールサービス

LINE公式アカウント開設記念キャンペーン
毎日のお買得情報
お知らせ
スマートフォン「アプリ」
LINE公式アカウント
メールマガジン
イエローハット車検
車検お見積り&ご相談窓口
タイヤで選ぶならイエローハット
オイル交換ネット予約
WEBチラシ
プライムワランティ
SDカード優遇店特典
自賠責保険
洗車・お手入れ

ボディ用洗車用品

洗車は、愛車お手入れの基本
クルマの汚れはまずボディの洗車から。手順を間違えたり、面倒になって手を抜くとすぐに洗車キズがついてしまってやっかいです。太陽や電球の光があたると細い線が無数に入っているクルマをよくみかけます。何度も間違った洗車を繰り返すと、艶も光沢もなくなってくる原因に。デリケートなクリア部分にキズがついてしまうので、細心の注意をはらって洗車を行いましょう。
表面についた土埃などを大量の水などで洗い流して、それからシャンプーを使えば洗車キズは防止できます。

服装も金属などのついていないものを用意しよう
プロの洗車やガソリンスタンドの従業員のユニフォームを見ても、つなぎを着用したり、ボタンなどのついていない作業のしやすいものを着ています。クルマに硬いものがこすれただけでキズが付いてしまうことを知っているからでしょう。
たとえば、屋根を洗車しているときにベルトのバックルがあたってキズを付けてしまう。どこで付けてしまったんだろうと思うことがよくあります。そうならないために、前面に硬いものが付いていない動きやすくて汚れてもいい作業着を一着用意することをお薦めします。

ボディ用洗車用品
豆知識へ
ボディ用洗車用品のラインナップはこちら
シャンプーシャンプー シャンプー(撥水タイプ)シャンプー(撥水タイプ) シャンプー(キズ消しタイプ)シャンプー(キズ消しタイプ)
シャンプー(メンテナンス)シャンプー(メンテナンス) ワックス(ツヤ出しタイプ)ワックス(ツヤ出しタイプ) ワックス(撥水タイプ)ワックス(撥水タイプ)
ワックス(キズ消しタイプ)ワックス(キズ消しタイプ)

ボディ用洗車用品

洗車のコツを教えて!

愛車のお手入れの基本!“洗車”はこまめにすること!

車のお手入れといったら、まず思い浮かぶのがボディの“洗車”だよね。
パーツの交換やメンテナンスは自分ではちょっと・・・という人も洗車は是非自分でしよう。車への愛着がわくし、自分でしっかり洗車をする人は事故を起こしにくいなんて事も言われているんだって。愛車をもっと大事にしようと思うからこそなんだろうね。

では、まず洗車の心得!洗車をする時に必ず押さえたい6つの心得を紹介するね。 いつどこで洗車するにも通じることだから今まで気にしていなかった人も実行してね。

洗車の心得

その1.服装に気を遣う!

装飾品がついた服はNG!ボタンなどがボディに擦れて知らぬ間にキズが着いてしまうしまうことも。また、汚れてもいいような動きやすい服装にしよう。

その2.水をケチらない

水をケチると元々ボディに付いていた砂埃でボディに小キズがついたり、シャンプーをしっかり流してなくてムラになったりしてしまう。エコ観点からはなるべく減らすべきだけど、しっかり使う所は使う、節約できる所は最小限にとメリハリをつけて水を使おう!

その3.洗車の順番は高い所から

水は高いところから低いところへ流れ込むよね。だから、洗車の順番は必ずルーフから、そしてボンネット・サイド・バンパーという順番で行うこと。

その4.時間と天候を考慮する事

直射日光が当たる場所は水分が早く乾いてしまう。最悪の場合はボディに洗剤の跡などが残ってしまうケースもあるんだ。逆に夜だと汚れ具合が見ずらいよね。だから、洗車は日中の日陰が最適なんだ。

その5.スピーディーさで勝負!

シャンプーは乾燥するとボディにこびり付き、落すのが大変。せっかくシャンプーしたのに洗剤の跡が残っては台無しだよね。だから、スピーディーにシャンプーして素早く洗い流そう!

その6.マメな洗車が一番!

愛車をキレイな状態で保つにはコマメな洗車が一番。月に一回程度はシャンプー&ワックスをして間に軽く水で洗うペースを保てば頑固な汚れが付かないキレイな状態を保てるよ!

洗車の手順を教えて!

まずは洗車の基本!ボディシャンプーからだね!

手順1.大量の水でホコリを落とす!

いきなりスポンジやブラッシングで洗うのは禁物!泥やホコリを大まかに落とすことから洗車スタート!でないとキズや塗装トラブルの原因になるよ。

手順2.シャンプーで洗う!

ボディを洗うのに力は不要。シャンプーをしっかり泡立てて、スポンジを一定方向に動かして洗うと汚れも落ちるし洗車キズも付きにくいよ!

手順3シャンプーを流す

シャンプーが残らないようにしっかり洗い流す!シャンプーが残っているとシミになってしまうよ!

手順2⇒3を繰り返す!

シャンプーが乾いてシミにならないように一箇所ずつ作業をしていこう!
高いところルーフからシャンプーをしたら水で洗い流す。
次いでボンネットやトランクをシャンプーして水で洗い流すという具合に洗車していくことがコツ。最後の箇所までシャンプーしたらもう一度全体に水をかけてしっかり洗い流そう!

手順4..大量の水で洗い流したらただちに拭き取る

吹き上げはすぐにすること水滴を残しているとウロコ状の跡“ウォータースポット”の原因になるよ。このウォータースポットはとても頑固だから出来てしまうと厄介だよ!

シャンプーはどんな物がいいの?

シャンプーにも色々なタイプがあるんだよ!

シャンプー選びのポイントはまずは泡立ちの良さ。
それと自分に合ったタイプで選ぶということだね。

ノーマルタイプ

オーソドックスなシャンプー。しかっり泡立ち汚れを落としてくれる。
シャンプー後にしっかりワックスをするという人にオススメだね。


撥水タイプ

シャンプーだけで水弾きも同時にしてくれるタイプ。手軽にワックス効果が得られるから
時間をかけたくない人にオススメだね!ただ、ワックスより撥水効果や持続力は劣るよ。

キズ消しタイプ

洗車などでついた細かいキズをならして下地処理を同時にしてくれるタイプ。
洗車キズが気になり始めたら使ってみてね。


水アカ取りタイプ

ノーマルタイプでは落とせない頑固な水アカを除去してくれる洗浄力がウリなタイプ。
長い間洗車をしていなくて水アカが付いてしまったという場合はこのタイプ。
洗浄力をウリにシャンプーは他に鉄粉を除去してくれるシャンプーもあるよ。



メンテナンスタイプ

ワックスやコーティング剤を傷めず、表面の汚れだけを落としてくれるタイプ。
ワックスの効果は残っているけど表面の汚れが気になる人にオススメ。


用途に合せてタイプを選ぶといいね!
シャンプーはボディの色(ホワイト車用と濃色車用など)に合わせて設定があることが多いから注意してね。

シャンプーの後の仕上げは??

シャンプーの後にはワックスやコーティング剤を!

シャンプーしただけだとすぐに汚れや水アカが付いてしまう。それと確かにキレイになったけど艶が無いなと思うよね。
だからシャンプーでボディの汚れを落とした後は、艶を出してキレイさをより引き立たせ、さらにそのキレイさを持続させるワックスが必要なんだ。

ワックスやコーティング剤と呼ばれるボディの艶出し・撥水の役割をする物は種類やタイプもたくさんあるんだ!

まずはワックスには形状のタイプがある。使い勝手や効果にそれぞれ特徴があるよ!

ワックスの形状のタイプ

固形タイプ

昔から良く目にする缶に入ったワックスというとわかりやすいね
固形タイプとひとくくりに言ったけど実際には固形と半ネリの2種類がある。
固形の物は艶出しを重視
し、塗り伸ばした時にムラになりにくいという仕上がりが
とてもいいワックス。ただ、拭き取りなど作業の手間と時間はかかるんだ。
半ネリはその名の通り固形の物をある程度柔らかくしたもの。柔らかいから固形に比べ作業性がいいんだ。艶などは固形には劣るけど水アカなど汚れを取る効果が入っている商品が多いのが特徴だね。


液体タイプ(コーティング剤)

液体で出来たワックス。現在はコーティング剤と呼ばれる方が一般的だね。その魅力は塗装面に強力な皮膜を作ることで出来る撥水性と持続性!もちろん艶も出るし、塗装面を保護する役割も強いんだ。作業性もボディが濡れたまま使用できるものが多く割と手間のかからない商品が多い。


簡単タイプ(スプレータイプやクロスタイプ)

スプレーをかけて、またクロスで拭き取るだけで洗車プラスワックスが出来るのがこのタイプ。対して汚れていないボディだったらこれだけでOKというのが魅力だね。
艶、撥水、持続ともに他のタイプには劣るけど、手軽に出来るから作業面ではこれが一番だね。

これらのタイプの特徴を知っておけば、艶を出したい、長持ちさせて汚れを防ぎたい、手軽にしたいなど好みに合わせて選べるからうれしいね。

ワックスの効果のタイプ

シャンプー同様にワックスにも用途によって種類があるんだ。

艶出しタイプ
撥水(水弾き)タイプ 
水アカ落としタイプ
キズ消しタイプ  

など用途によって種類も選べる。
この種類というのはあくまでどの効果を重視したかという事だから、艶出しタイプだから全く水アカを落としてくれないとか、逆に水アカ落としのタイプだから艶が出ないという事ではないから安心してね。

形状と効果それぞれのタイプを理解すれば自分にぴったりなワックスが見つかるんだ!

ワックスにもシャンプー同様、色別(ホワイト車用と濃色車用など)に商品があることが多いから注意してね。

  なるほど!ワックスは意外と奥が深いんだイエローハットで自分が欲しいワックスを見つけてみよう!  
   
   

ワックスは洗車の仕上げ!丁寧に塗って、キレイに拭き取る事がムラなくキレイするコツ!

ワックス作業の精度で全く仕上がりが違うんだよ!


  せっかく愛車をピカピカにしたのだからいつもキレイにしておこう!洗車の心得でも言ったけど洗車はコマ目にして気持ちいいカーライフをおくろうね!