タイヤ交換・点検、タイヤ選びをお手伝いします!

タイヤ
タイヤチェーン

万が一の時に備えてチェーンを準備
万が一、急に雪が降ってきても、タイヤチェーンさえ持っていれば安心です。チェーンは、氷雪路ドライブの備えに欠かせない道具のひとつとして、皆さんも知っているでしょう。 その威力は、まさにタイヤに戦車のキャタピラーを装着しているようなものと考えたらよく分かります。 これからの冬対策必需用品として、イザに備えてタイヤチェーンは準備しておきたいものです。
チェーンは取付けが大変というのは昔の話!最近のチェーンは取付けも簡単なので緊急時にも安心です。

タイヤチェーン写真
タイヤチェーンの豆知識へ
タイヤチェーンのラインナップはこちら
  • 非金属チェーン
  • 金属チェーン(ジャッキアップ不要)
  • 金属チェーン(ジャッキアップ必要)
  • 布製チェーン

タイヤチェーン

タイヤチェーンって、金属とそうでないものがあるけど、どっちがいいの?

用途や予算に合わせて選べば

確かに金属の鎖のものと、ポリウレタンやウレタン、ゴム製などの非金属のものがあるね。どちらが優れているのかということではないんだ。たとえば金属チェーンは切れやすいから重い車には向かないなど、それぞれにメリット、デメリットがあるから、使う用途や予算に合わせて選べばいいと思うよ。
それじゃあ、タイヤチェーンの代表的なものを紹介しよう。

金属タイプ
メリット
  • 凍結路に強い
  • 収納がコンパクトにできる
  • 価格が安い
デメリット
  • 走行時の振動や騒音が大きく、乗り心地が良くない
  • 乾燥路で使用するとすぐ切れてしまう。大型車に向かない。
金属タイプには「はしご型」と「亀甲型」があるんだ。
はしご型
  • タイヤへのフィット性が良く、タイヤの駆動力を路面に伝えやすく坂道での登坂能力に優れている
  • 凍結路では横滑りするので、注意が必要
金属はしご型
亀甲型
  • 雪道、凍結路ともに威力を発揮し高性能
  • 凍結路での横滑りに高い性能を発揮する
  • はしご型よりも乗り心地は優れている


非金属タイプ
メリット
  • 雪道、乾燥路ともに静かで振動も少なく、乗り心地性能は優れている
  • 雪道、凍結路ともにバランス良く高い性能を発揮
  • 乾燥路で走行しても切れにくいので、大型車にも対応
  • 多くのタイプがあり用途に合わせて選択しやすい
デメリット
  • 金属タイプに比べ折りたたみが十分にできなく収納性はあまりよくない。
  • 金属タイプと比べ高価。
ポリウレタン・ウレタン製

チェーンを取り付けるって、考えただけでも大変なんだけど?

最近は簡単取り付けタイプが人気

各タイヤチェーンメーカーの努力で簡単に取り付けられるタイプがたくさんあるし、それらの商品が人気になっているね。ジャッキアップしたりクルマを動かして、などというのは昔の話で、いまではワンタッチチェーンとよく言われるように、覚えてしまえば簡単に取り付けできるんだ。もちろん、金属性でも非金属性でも取り付けの簡単なものが用意されているから、取付簡単のタイプを選ぶのが賢いね。

へーそうなんだ、でも簡単っていってもどう取り付けるの?

チェーンの取り付け方

非金属タイプで人気のカーメイト製のバイアスロンの取り付け方と金属製ワンタッチタイプの取り付け方を紹介するから参考にしてね。いまのタイヤチェーンの取り付けがいかに簡単にできるかよく分かるよ。

バイアスロン
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
バイアスロンをタイヤの裏側へ回し込みます。 タイヤの下側から両端を持ち上げ、裏側フック1ヶ所を接続します。 外側フック3ヶ所を接続し、ロック部3ヶ所を締め付けます。 これで取り付け完了です。
金属製ワンタッチタイプ
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
ケーブルをタイヤの裏側に通します。 ケーブル両端をタイヤ手前に引き上げフックを掛けます。 サイドチェーンのフックを引っかけ、ケーブルをタイヤの裏側に落とします。 ストッパーを締め付け、ゴムフックを掛けます。これで取り付け完了です。
   
   
   

同じチェーンでもサイズがいっぱいあって、自分のクルマに合うものが分からない!

チェーンのサイズはタイヤサイズによって変わる

そうだね、同じチェーンでもタイヤサイズによって装着するチェーンの大きさが決まってくるんだ。サイズが小さいと取り付けられないし、大きいとチェーンが空回りして危険だし、たわんで車体にぶつかり傷つけてしまったりするから、適合サイズを選ばなければならない。タイヤサイズが分かれば自分のクルマに合ったチェーンが選べるから調べてみよう。
タイヤサイズの見方はこちら

また、チェーンを取り付けるときにはタイヤのサイズだけでなく、タイヤとボディの間にすき間が必要になるんだ。そのチェックをする箇所も1箇所じゃないから、どうも難しくて分からないというならイエローハットのスタッフに「最適なチェーンを教えて」と訊ねてくれれば親切に教えてくれる。その際、取り付け方も教えてもらえば万全だね。

チェーンを買ったら、一度は試装着しておこう

実際に使用する前に、必ずチェーンを着脱してみよう。理想的にはチェーンを購入したお店の駐車場で試装着するのがベストだよ。もし、上手く取付けが出来なかったら、すぐにスタッフに取付け方を聞けるからね。そして慣れることで自信もついてくる。一度も取り付けてみないで、いきなり雪の路面でというのは難しいから、必ず乾燥路で試しておこう。

それでも私には無理という女性に強い味方がある

「バイスソック」はヨーロッパで、スノーチェーンとして「TUV(テュフ)認定」及びオーストリア・スノーチェーン規格「ONorm認定」品です。既存の金属チェーンに対し着脱が簡単で、振動が非常に少ないため静粛性も高く、快適な乗り心地が特徴です。
トレッド部は高いトラクションを得ることができるようにリブ(畝)構造の特殊合成繊維(ポリエステル)トレッドを採用し、氷雪上での駆動力、制動力を発揮します。折りたたんでコンパクトに収納でき、トランクの片隅に入れておけば、いざという時に役に立つよ。
ただし「バイスソック」は、氷雪路からの緊急時脱出デバイスです。 チェーン規制時には対応していないから、注意しよう。
オートソック

チェーンを着けるときは、どんなことに気をつければいいの?

チェーン装着時の注意点

チェーンを着けているからといって安心はできない。雪道、凍結路はいつもの道とまるで違うから次のことは必ず守ろう。
  • タイヤチェーンの制限速度を守ろう。
    金属製タイプの多くは30km、非金属タイプは50kmが指定されている。
  • 急発進、急ブレーキ、急ハンドルは厳禁
  • チェーンの着脱は周囲を確認して安全な場所で
  • 早め、早めの着脱で危険回避
  • 雪や凍結路以外では、すぐに取り外し
  • カーブでのブレーキは危険、一定速度でゆっくり曲がる
  • 車間距離を充分に確保

いざという時、慌てないために

日頃なじみのないタイヤチェーン。邪魔、重い、着脱が面倒など、マイナスイメージを持っているかもしれません。夏タイヤでも雪道だって慎重に運転すれば、なんとかなると思っている方もいるかもしれません。でも、雪道や凍結路で、タイヤチェーンはあなたの命を守ります。タイヤチェーンは、あなたのため、同乗者のため、そしてあなたの愛する家族のための冬対策用品としての重要なアイテムなのです。