HOME > オイルコラム > エンジンオイル交換の目安は?

COLUMN

エンジンオイル交換の目安は?時期やタイミングを徹底解説!

エンジンオイルは、車を稼働させる上で重要な役割を担っています。定期的に交換する必要がありますが、「どのくらいの目安で交換時期を判断すればよいかわからない」と感じている方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、オイル交換のタイミングを見極めるポイントを詳しく解説します。いくつかの基準を知っておけば、用途や環境に合わせて適切な時期を判断できるでしょう。エンジンオイル選びのコツもあわせてご紹介します。

エンジンオイル交換の目安となる時期やタイミング

オイル交換の目安となるのは、「前回の交換から走行した距離」「経過日数はどのくらいか」といったポイントです。場合によっては目安の時期よりも早く交換する必要があるため、3つの観点をおさえておきましょう。ここでは、エンジンオイルの交換時期について解説します。

走行距離で見るタイミング

前回オイル交換をしてから現在までの走行距離を基準に判断します。一般的に推奨されている走行距離は3,000km~5,000kmの範囲内です。現在5,000km以上走行している方は、オイル交換の実施を検討したほうがよいでしょう。

エンジンオイルの劣化速度は、運転方法や環境によって左右されます。停止と発進を頻繁に繰り返す街中での走行はエンジンに大きな負担がかかるため、劣化しやすい運転のひとつです。

中には10,000km以上走行を続ける方も見られますが、エンジンへの負荷を考えると5,000km以内で交換するのが望ましいといえます。


日数で見るタイミング

走行距離以外に交換時期の目安となるのは、エンジンオイルの使用期間です。前回の交換から3ヶ月~6ヶ月を目安にオイル交換を検討しましょう。6ヶ月以上経過したものを使い続けると、エンジンオイルの性能が低下する恐れがあります。

「車検のときについでに交換する」と考える方もおられるようですが、2年に一度の交換はあまりおすすめできません。走行距離が少なくても経年劣化は進み、エンジンの摩耗や汚れが原因で正常に作動しなくなるリスクがあるためです。

エンジンや車の種類によっては1年に一度でよい場合はあるものの、基本的には3ヶ月~6ヶ月を目安としましょう。走行距離と使用期間のどちらか早いほうをオイル交換のタイミングと意識するとよいでしょう。

交換時期を早めるべきタイミング

エンジンに負荷をかけることが多い方は、目安よりも早く交換をする必要があります。具体的には以下のようなケースです。

  • 高速道路を長時間走行する機会が多い
  • 停止と発進を繰り返す街中での走行シーンが多い
  • 一度に運転する距離が短い
  • 勾配が急な坂道を走行する機会が多い
  • 年間走行距離が20,000km以上

高速道路での走行を長時間続ける場合だけではなく、距離が短すぎ、エンジンが温まる前に運転を終える場合もエンジンへの負荷は増します。また、信号が多く停止と発進を頻繁に繰り返す街中の走行も注意したほうがよいでしょう。

エンジンへの負担が大きいほどエンジンオイルも劣化するため、交換時期は早まります。普段の走行環境を考慮して、交換時期を判断することが重要です。


ケース別のエンジンオイル交換のタイミング

オイル交換に最適なタイミングは、環境だけではなく車の種類によっても異なります。軽自動車やディーゼル車を所有している方は、車に合ったタイミングがわかるよう知識を深めておきましょう。ここでは、軽自動車とディーゼル車のオイル交換の時期をご紹介します。

軽自動車は早めに交換する

軽自動車を所有している方は、普通自動車よりも早いタイミングを目安にしましょう。すべての軽自動車に該当するものではありませんが、普通自動車よりもエンジンの回転数が多く、エンジンオイルが劣化しやすい傾向にあるためです。

エンジンは一定時間内に回転する数が多いほど摩擦が大きくなります。摩擦を繰り返すとエンジンは摩耗しますが、摩耗を抑制するのがエンジンオイルの役割のひとつです。エンジンオイルの働きを維持するためにも、早めの交換が望ましいといえるでしょう。

また、ターボチャージャーやスーパーチャージャーを搭載した車も同様です。過給器を採用したエンジンは負荷がかかりやすく、オイルも劣化しやすくなります。

ディーゼル車は早めに交換する

ディーゼル車のオイル交換時期は、一般的な目安よりも早めのタイミングが適しています。軽油にはガソリンと異なる成分が含まれており、これがエンジンオイルを劣化させる要因です。特に硫黄分はオイルを汚しやすく、さびの原因にもなります。

つまりオイルが劣化しやすいディーゼル車は、ガソリン車よりも丁寧なメンテナンスが必要といえるでしょう。交換時期の目安が大幅に変わるわけではありませんが、オイルの状態を日頃から確認することは大切です。汚れが蓄積していないか、内部で漏れが発生していないかをしっかりとチェックしましょう。


なぜオイル交換が必要となるのか

エンジンオイルは、車を正常に動かすために大切な要素です。本来エンジンが持つ機能性を発揮するためには、車に合った正しいタイミングで交換しなければなりません。ここでは、オイル交換の重要性や基本的な役割について見ていきましょう。

エンジンオイルの役割

通常、エンジンオイルがないと正常な運転を続けられません。以下のような重要な役割を担っていることが、その理由です。

  • 潤滑作用:ピストンとシリンダーの摩擦を軽減
  • 密封作用:ピストンとシリンダーの隙間を密封
  • 冷却作用:エンジンの熱を吸収して冷却
  • 清浄作用:エンジン内部の汚れを吸着
  • 防錆作用:金属と水分の接触を抑制してさびを予防

このように、エンジンオイルにはさまざまな効果があります。摩擦を軽減するだけではなく、金属を覆って防錆効果を高めるのもエンジンオイルによる効果です。エンジンがスムーズに動くよう、周辺の環境を整える役目ともいえるでしょう。


オイル交換の必要性

エンジンオイルは普段目にする機会が少ないため、オイル交換をする必要性を理解できない方もおられるかもしれません。エンジンオイルの劣化や不足によって以下のような問題が生じます。

  • 摩擦による摩耗が進むと、エンジンに負荷がかかり燃費性能が低下
  • オイルの劣化により、滑りが悪くなり異音が発生
  • オイルの量が不足すると、エンジンが焼き付く

燃費が悪くなるのは、エンジンに負荷がかかっているためです。またエンジンオイルの潤滑作用が弱まると摩擦が起きやすくなり、異音を発生させたり燃費が悪くなったりします。エンジンオイルの量が足りていない場合にも注意が必要です。気づかないままエンジンを作動させると、火災が発生するリスクがあります。


エンジンオイルの選び方のポイント

自分で作業する方は、車に合ったエンジンオイルを選べるよう基準をおさえておきましょう。ベースオイルの種類以外にも、規格や粘度も重要です。ここではエンジンオイル選びのポイントを3つご紹介します。

種類で選ぶ

まずは、ベースオイルの種類を決めます。主に4つに分けられるので、それぞれの特徴を把握しましょう。

  • 鉱物油:原油を蒸留させたエンジンオイル
  • 高VI鉱油:一般的に広く利用されているエンジンオイル
  • セミ合成油(部分合成油):フル合成油に似た性能をもつエンジンオイル
  • フル合成油(全合成油):高い耐久性をもつ高価なエンジンオイル

基本的に、性能がよいほど価格も高くなる傾向にあります。価格と性能のどちらを重視するか考えると選択しやすくなるでしょう。

ただし、高価なエンジンオイルほど車のコンディションがよくなるというわけではありません。車との相性も重要なポイントなので、どれを選べばよいか悩んでいる方はイエローハットでご相談の上、オイルを選ぶと安心です。


品質規格で選ぶ

品質規格でエンジンオイルを選ぶ際は、車の取扱説明書や整備記録簿に記載されている内容を確認します。以下のいずれかを推奨するケースが多いため、事前に確認しておくとよいでしょう。

  • API(アメリカ石油協会)
  • ILSAC(国際潤滑油標準化認証委員会)

上記の規格は、さらにグレードが細分化されています。グレードが高いほど高価になりやすいので、予算に収まる範囲で満足できるものを探しましょう。

それぞれの規格は決められた項目を基準に反映していますが、細かい内容は異なります。どのような性能を重視したいかを考えて、交換後も安心して乗り続けられるようなエンジンオイルを選びましょう。


粘度で選ぶ

エンジンオイルは、運転する環境によって適切な粘度があります。日本ではSAE(アメリカ自動車技術者協会)のルールが一般的なので、以下の表記に注目しましょう。

  • 10W-30:マイナス25度の環境に対応
  • 0W-20:マイナス35度の環境に対応

「W」は、冬(Winter)の環境に対応する気温を表しています。前半の数字が小さいほど寒さに強く、後半の数字が大きいほど暑さに強くなる仕組みです。前回のオイル交換から季節が変化している場合がほとんどなので、同じオイルではなく自動車メーカーが推奨する、季節に合った粘度のものを選びましょう。


定期的なオイル交換ならイエローハットが便利!

エンジンオイルは、いくつかの基準から判断して定期的に交換しなければなりません。車の整備に関する知識がある方は自分で交換するという選択肢もありますが、ご心配な方はイエローハットにお任せください。

オイル交換を予定している方は、ぜひイエローハットをご利用ください。国内約700か所に店舗を構えています。また、インターネットで簡単に予約できる点も強みです。無料で会員登録を済ませれば予約申し込みができ、予約状況を確認したりキャンセルしたりといった手続きもネット上でできます。

イエローハットではオイル交換以外のサービスも提供しているため、車に関するご相談も可能です。


まとめ

車を快適に乗り続けるためには、走行距離や使用期間を目安にオイル交換の時期を見極めなくてはなりません。車の種類や運転の仕方でも交換時期は異なるため、車に合ったタイミングで交換することが大切です。エンジンオイルの役割や交換の必要性を理解すれば、メンテナンスに対する意識も高まるでしょう。

イエローハットでは、オイル交換の予約がインターネットで24時間可能で、無料会員になると過去の予約履歴もチェックできます。ぜひこの機会にお申し込みください。