HOME > オイルコラム > オイル交換の頻度はどのくらい?

COLUMN

オイル交換の頻度はどのくらい?交換する重要性や安全な交換方法を紹介

車を良好な状態で乗り続けるためには、エンジンオイルを定期的に交換する必要があります。適切な交換頻度という明確な基準がないため、何を参考にすればよいのかわからず不安に感じる方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、オイル交換の適正頻度について詳しく解説します。車の種類によって異なるため、自分の車に合った目安を把握するきっかけになるでしょう。オイル交換の時期が迫っているかチェックする方法もご紹介します。

車のオイル交換頻度はどのくらい?適正頻度を解説

エンジンオイルの適切な交換時期を見極めるポイントは、走行距離・使用期間を確認することが有効です。あくまでもひとつの目安であることを理解したうえで適正頻度を把握しましょう。エンジンオイルだけではなく、オイルフィルターの交換も重要です。それぞれの適正頻度における一般的な目安を詳しく解説します。

オイル交換の頻度は走行距離または期間で判断!

前回オイル交換を行った時期が明確であれば、走行距離や使用期間を基準に判断するのがおすすめです。オイルの種類によっても異なりますが、イエローハットが推奨するオイル交換目安は以下となります。

  • 走行距離:3,000km~5,000km
  • 使用期間:3ヶ月~6ヶ月

いずれか早いほうを推奨します。走行距離が短くても劣化は進行するため、運転する機会が少ない方は使用期間を目安にすると安心です。オイル交換をしないまま乗り続けると故障のリスクが高まるでしょう。


オイルフィルターの場合はオイル交換2回に1回

エンジンオイルの性能を保持するために活用されるのが「オイルフィルター」です。オイルエレメントともいわれますが、汚れやカーボン、スラッジ、酸化物を吸着してろ過する役目を担っています。エンジンオイルと同じく定期的な交換が必要なため、エンジンオイル交換2回に1回の交換が推奨時期です。

※車の状態、走行距離により異なります。

ハイブリッド車やディーゼル車のオイル交換頻度はガソリン車と違うの?

一般的にあげられるオイル交換の適正頻度は、ガソリンエンジンを採用した普通車に該当します。軽自動車やディーゼル車は早めの交換を要するケースもあるため、ガソリン車との違いを明確に理解しなければなりません。ユーザーが疑問を抱きやすいハイブリッド車・ディーゼル車のオイル交換頻度を解説します。

ハイブリッド車はガソリン車と同じ頻度

ハイブリッド車は、エンジンとモーター2つのはたらきを組み合わせて稼働する車です。優れた燃費性能を発揮するため、現在でも多くの自動車メーカーがハイブリッドモデルを販売しています。

ハイブリッド車のオイル交換は、基本的にガソリン車と同頻度であると考えてよいでしょう。使用するエンジンオイルは一般的なガソリン車と同じもので、劣化の頻度や条件も大きく変わらないためです。

ただし、車種によってはハイブリッド車専用のエンジンオイルを推奨しているケースもあります。あらかじめエンジンオイルの種類を確認し、ガソリン車と同じものであるか把握しておきましょう。

ディーゼル車はガソリン車より頻繁に行う必要がある

ディーゼル車とは、ガソリンエンジンではなく「ディーゼルエンジン」を採用した車です。燃料には軽油を用いるため、ガソリン車とは異なる性質をもつ点に注意しなければなりません。エンジンオイルの劣化に影響するのは、軽油に含まれる硫黄分です。

ガソリン車よりも多くの硫黄を含んでいるため、エンジンオイルの劣化が進行しやすいといわれています。3ヶ月~6ヶ月、3,000km~5,000kmといった目安よりも早めの交換を意識しましょう。

また、エンジンの回転数が多い軽自動車も劣化しやすい性質をもちます。ディーゼル車や軽自動車を所有している方は、定期的にオイルをチェックしながら交換時期を判断しましょう。

なぜオイル交換をしなくてはいけないの?

オイル交換を怠った場合、さまざまなトラブルが予想されます。エンジンオイルは空気に触れると酸化が進むため、「頻?に乗らないから」「走行距離が短いから」といった理由で先延ばしにしないよう注意しましょう。オイル交換の必要性に加え、車におけるエンジンオイルの重要な役割について解説します。

放置するとオイルが劣化するから交換は絶対必要!

エンジンオイルは、エンジンの作動中にのみ劣化するわけではありません。汚れが蓄積したり酸化したりするだけではなく、エンジンオイル自体の量が少しずつ減少します。以下のような環境ではとくに劣化しやすいため、普段運転するエリアも考慮しましょう。

  • 勾配の急な坂道の運転
  • 山道のようにカーブが多い道での運転
  • 舗装が十分でなく凹凸が激しい道での運転
  • 高速で長時間運転する機会が多い
  • 停止と発進を頻繁に繰り返す
  • 1年に2万km以上走行している

適切な環境で保管されている車でも、放置すると徐々に劣化していきます。場合によってはエンジンが停止して機能しなくなるケースもあるため、オイル交換は非常に重要な作業といえるでしょう。

エンジンオイルには劣化させない5つの効果がある

エンジンが正常に作動し続けるためにはエンジンオイルが不可欠です。エンジンオイルには以下5つの役割を担っています。

  • 潤滑作用:エンジン内の部品の摩擦を抑制。
  • 密封作用:ガスの吹き抜けを防ぐ働き
  • 冷却作用:エンジンから発生する熱を吸収して冷却。
  • 清浄作用:稼働中に発生したカーボン、スラッジ、酸化物を取り込む。
  • 防錆作用:金属の錆を防止。

劣化の進行に気づかず放置すると、上記のような作用が十分に発揮できません。回転効率が低下するため、燃費が悪くなったり、摩擦によって異音が発生することもあるでしょう。本来の効果を継続的に発揮するためにも、定期的にオイル交換をする意識が大切です。

オイル交換を放置したらエンジンの寿命が縮まる!

オイル交換時期は定期的に訪れますが、短期間の放置が原因で故障する可能性は低いといえます。ただし、長期的な目で見るとエンジンの寿命を縮めている点は理解しなければなりません。急激に劣化するものではなく、少しずつ悪化していくと考えましょう。

エンジンオイルの不足や汚れに気づかず放置し続けると、エンジントラブルが目立つようになります。エンジンが焼き付くと作動しなくなり、交換のために出費が増えるかもしれません。放置する期間が長いほど、金銭的負担も増幅しやすいといえるでしょう。

オイル交換をするか確認する方法?

「すぐに交換したほうがよいのかわからない」と悩んでいる場合は、エンジンオイルの状態を確認するのがおすすめです。オイルレベルゲージの場所が分かればエンジンオイルの状態をチェックできるため、方法を覚えて定期的に見ておきましょう。確認する際の注意点と手順を具体的に解説します。

確認はエンジンを冷やしてから行う

直前まで運転していた車を確認する場合、エンジンオイルの熱に注意しなければなりません。熱をもった状態で触れると火傷を負う可能性があるため、十分に冷やしてから作業に移りましょう。

ただし、冷えすぎるとスムーズに抜き取れないこともあります。走行後数分間待機し、注意しながら点検をすると安心です。また、事前に以下の道具をそろえておくと効率的に作業ができます。

  • エンジンオイルを拭き取るためのウエス(布)
  • 汚れの状態を確認するためのキッチンペーパーまたは紙ウエス
  • 軍手など

エンジンオイルの確認手順

準備が整ったあとは、実際にエンジンオイルの確認作業に進みましょう。以下のような手順で作業を行います。

  • オイルレベルゲージを探す
  • オイルレベルゲージを引き抜く
  • キッチンペーパーやウエスでエンジンオイルを拭き取る
  • 拭き取ったオイルレベルゲージを再度差し込む
  • オイルレベルゲージを引き抜く
  • 上限と下限の印を基準に適正量をチェック

オイルレベルゲージに付着したエンジンオイルを拭き取らなければ正確に判断できないため、拭き取った後に再度差し込んでから目視でチェックしましょう。上限・下限を示す間に収まっている状態であれば、エンジンオイルの量は問題ないと判断できます。

      

汚れ具合を確認する際は、キッチンペーパーや紙ウエスにエンジンオイルを滴下しましょう。全体が黒くなっている場合や、汚れが広がっている場合は交換時期が迫っている状態です。


オイル交換を安全に行う方法

車に関する知識が豊富な方であれば、ご自身でオイル交換を済ませるケースも見られます。エンジンオイルの購入費用のみで済むため経済的ですが、トラブルを避けるためにはお店に依頼したほうが安心でしょう。自分でオイル交換を行うリスクを理解したうえで、どちらの選択肢が適切か判断しましょう。

自分でオイル交換するとトラブルを起こす可能性が!

オイル交換の方法には2つのパターンがあり、それぞれ必要な道具や作業内容が異なります。交換方法と特徴は以下のとおりです。

  • 上抜き:専用ホースを用いて上部から吸い出す方法
  • 下抜き:ジャッキアップして下部から抜き出す方法

上抜きは自分自身で実施することは可能ですが、慣れない状態で始めると失敗する可能性もあります。自身のケガにつながるリスクもあるため、イエローハットへのご依頼をおすすめします。

イエローハットならネット予約だから簡単依頼!

イエローハットでは、インターネットサイトからオイル交換の予約を受け付けています。予約作業の手間が省けるだけではなく、当日の待ち時間を短縮しやすい点も魅力といえます。全国約700か所に店舗を構えているため、オイル交換を検討されている方はぜひイエローハットにお任せください。


まとめ

オイル交換は、車を快適に乗り続けるうえで重要な作業のひとつです。適正頻度は車種や環境によって異なるため、所有している車に適した時期を把握しておきましょう。交換しないまま放置すると、エンジンの寿命が縮んだり故障したりといったリスクを高めます。

DIYでは失敗する可能性もあるため、安全性を高める目的も考慮してイエローハットへの依頼がおすすめです。「店舗で待つ時間がもったいない」と感じる方は、ぜひイエローハットのWEB予約をご利用ください。パソコンやスマートフォンから簡単にオイル交換の予約ができます。