HOME > オイルコラム > エンジンオイル交換の値段はどのくらい?

COLUMN

エンジンオイル交換の値段はどのくらい?値段を方法別に徹底比較

車のコンディションを維持させるためには定期的なエンジンオイル交換が必要ですが、数千円で済むこともあれば1万円以上かかることもあります。お店によっても値段が異なるので、相場を知りたいという方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、エンジンオイル交換のお店ごとの値段についてご紹介します。値段を比べるのはディーラーとガソリンスタンド、カー用品店の3つです。値段だけでなくそれぞれのサービスの特徴を知れば、自分に合う方法でオイル交換ができるでしょう。

エンジンオイル交換の値段はどのくらい?

エンジンオイル交換を依頼するお店はディーラーやガソリンスタンド、カー用品店が一般的です。車を買ったディーラーで定期メンテナンスを受けるついでに交換する方もいれば、いつも給油しているガソリンスタンドでオイル交換をする方もおられるでしょう。

中には、エンジンオイルにこだわりがあり、カー用品店でしか交換をしないという方もおられるでしょう。ここでは、それぞれのお店の値段や特徴について解説します。

エンジンオイル交換の値段を表で比較!

エンジンオイル交換にかかる費用は、地域やお店、選んだオイルの性能によって変わります。車の総排気量に応じて必要な量は増えるので、値段が倍近くになる場合もあります。お店ごとの一般的な価格帯は以下のとおりです。

  • ディーラー:3,000円~10,000円
  • ガソリンスタンド:2,000円~4,000円
  • カー用品店:2,000円~7,000円

※上記金額はあくまでも目安となります。詳しい金額については各店にお問合せください。


ディーラーのエンジンオイル交換は予約が必要

ディーラーにオイル交換を依頼する場合、事前に予約を入れる必要があります。 また、ディーラーは選べるオイルの種類が比較的少なく、ベースオイルの種類やオイルの粘度にこだわってオイルを選びたい場合、カー用品店がおすすめです。幅広い選択肢の中から最適なオイルが見つかるでしょう。


ガソリンスタンドは身近で安く済む

ガソリンスタンドなら給油のついでにオイル交換ができます。

交換工賃を数百円に設定しているガソリンスタンドもありますが、オイル代は使用するオイルの量に応じて別途かかるので、事前にトータルでかかる費用を確認しましょう。

また、ガソリンスタンドは、ディーラーと同様選べるオイルの種類が限られています。車のコンディションを維持するために、車に最適のオイルかどうかを確認する事が大切です。


カー用品店はエンジンオイルの種類が多く値段も抑えめ

カー用品店はオイルの種類が多いのもメリットです。リーズナブルな物から高級なものまで幅広く対応しており、お客様の乗り方にあったオイルをお選びいただけます。また、エンジンオイルの特徴はそれぞれ異なるので、毎回別のエンジンオイルを試して違いを確かめるのもよいでしょう。

値段に関しても、オイルによってはガソリンスタンドと同じくらいの価格帯にすることが可能です。スタッフは作業を熟知しているので、トラブルが起きる心配もありません。ディーラーよりも安い値段で、安心のサービスを受けられます。


エンジンオイル交換をする際に知っておきたい費用・値段の内訳

費用の内訳は、以下の通りです。

  • オイル代
  • 工賃

工賃とはエンジンオイル交換作業費用です。エンジンオイルは性能や粘度、ベースオイルによって値段が変わり、化学合成油を使っていると値段が高くなる場合もあることも覚えておきましょう。


自力でのエンジンオイル交換は安いがリスクをともなう

エンジンオイル交換の費用を少しでも抑えるために、自分で作業をしようと考える方もおられるでしょう。

ただし、自分でエンジンオイル交換をする際にはいくつかの注意点があります。結果的にお店に頼んだほうが安く済む場合もあるので、自分で作業するべきかどうか判断しましょう。


廃油の処理を自分でしなくてはならない

自分でオイル交換をする際は、廃油の処理も自分で行う必要があります。廃油は、そのままゴミに出したり排水溝に流したりすることはできません。

廃油処理は、廃油を吸収させて可燃ゴミで出せる場合もあります。ただし、廃油をゴミとして出せない自治体もあるので、事前に確認しましょう。

液体の状態で処分したいときは、廃油を引き取ってくれるお店を探しましょう。たとえば、エンジンオイルを扱っているカー用品店やホームセンター、ガソリンスタンドでは廃油の引き取りを行っている場合があります。廃油の処分に費用がかかることもあるので、手間を考えるとお店に依頼したほうがよいかもしれません。


作業中に危険な目に遭うことも

作業中のトラブルとして挙げられるのが火傷です。エンジンオイルを抜く前にエンジンをかけると、エンジンオイルが温まって粘度が下がり抜き取りやすくなりますが、エンジンをかける時間が長すぎると温度が上がりすぎてしまい、火傷を負う危険性があります。車を走らせた直後に作業するのも危険です。

また、作業に不備があると、運転中にトラブルが起こることがあります。代表的なトラブルは漏れですが、ドレンボルトの締め忘れや入れすぎが主な原因です。最悪の場合、エンジンが壊れて高い修理費用を支払うことになりかねません。


エンジンオイル交換はプロの手で確実に交換を!

整備の経験がある方なら作業は出来ますが、ここではオイル交換をプロに依頼するメリットについて解説します。便利な予約システムもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


プロに頼めば安全&スピーディ

エンジンオイル交換を自分で行うと、怪我や火傷をする危険性があります。また、作業に不備があれば事故を起こすリスクも生じるでしょう。安全にエンジンオイル交換をするためにも、整備の知識や技術を持つプロに依頼することをおすすめします。

プロに頼んだほうがよいもう1つの理由は、作業のスピーディさです。プロなら30分程度で作業が終わるので、慣れない作業に多くの時間を費やす必要がありません。また、自分の車に合ったエンジンオイルを選んでくれるのもプロの強みです。


イエローハットなら24時間ネット予約受付中!

エンジンオイル交換の値段を安く抑えたいなら、イエローハットのお得なポイントカードをぜひご利用ください。エンジンオイル交換工賃が無料になる会員特典もあり、定期的に必要な交換の負担を減らせます。

忙しい方には、24時間受け付けているネット予約が便利です。来店当日の待ち時間を減らして、スピーディに交換ができます。予約の変更やキャンセルも可能なので、まずはお気軽にご予約ください。


エンジンオイル交換は絶対必要!交換の目安は?

定期的なオイル交換は、車を運転する上で欠かせない作業です。ここでは、オイル交換の頻度やオイル交換をしなかった場合の影響について解説します。オイルの役割が分かれば、オイル交換の重要性が理解できるでしょう。


エンジンオイル交換をしないと運転に影響が出る

エンジンオイル交換はエンジンをよい状態に保つために必要な作業です。エンジンオイルには潤滑作用や密封作用があり、交換することによってエンジンの回転力や出力を維持します。

ほかにも、摩擦を取り除いたり熱を吸収したりする役割があり、エンジンに負担をかけないためにも定期的な交換が必要です。また、エンジン内部に燃えカスが残ったままだと、エンジンの焼き付きが起こる恐れがあります。最悪の場合、エンジンが壊れたり発火したりすることもありますが、エンジンオイルを交換することで予防ができるでしょう。


エンジンオイル交換の目安は3,000km~5,000km・3ヶ月~6ヶ月のどちらかを推奨

エンジンオイルを交換する頻度は、走行距離や使用期間を目安にするとよいでしょう。走行距離の目安は3,000km~5,000km、使用期間の目安は3ヶ月~6ヶ月で、どちらか早いほうを推奨します。

たとえば走行距離が2,000kmでも、6ヶ月経過していたらオイル交換をするのがよいでしょう。反対に、期間が3ヶ月未満で5,000km走っている場合でも、オイル交換をお勧めします。


まとめ

オイル交換はお店によって値段もサービスも異なるので、重視する内容に応じてお店を選ぶとよいでしょう。安さと整備力の高さの両方が優れているといえるのはカー用品店です。自分で作業すれば費用は抑えられますが、火傷の危険や故障のリスクがともなうため、プロに任せることをおすすめします。

イエローハットなら、工賃500円(+税)からオイル交換が可能ですが、エンジンオイル交換工賃が無料になるクレジット&ポイントカードやオイル&ポイントカードもありますので、よりお得にエンジンオイル交換ができます。

24時間アクセスできるネット予約を活用し、ぜひイエローハットのオイル交換をご利用ください。