HOME > オイルコラム >エンジンオイル交換にかかる費用はいくら?

COLUMN

エンジンオイル交換にかかる費用はいくら?お店別の費用目安と特徴を解説

車をよい状態に保つために必要なのがエンジンオイル交換ですが、選ぶお店によって費用は異なります。良質なサービスを受けたいけれど費用はできるだけ抑えたいと考える方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店といったお店別にエンジンオイル交換の費用や特徴についてご紹介します。エンジンオイル交換の基礎知識が分かれば、皆様に合ったお店選びができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

ディーラーでエンジンオイル交換した場合の費用はいくら?

まずは、ディーラーでエンジンオイル交換をしたときの費用をご紹介しましょう。ディーラー以外でも同じですが、価格には幅があります。車の総排気量が大きいほどオイルの量が多くなるため、費用も高くなる傾向にあります。また、粘度やベースオイルの種類によっても費用が変わる点を覚えておきましょう。

ディーラーのエンジンオイル交換費用の目安

費用の目安はエンジンオイルの種類にもよりますが3,000円~10,000円でしょう。たとえば、総排気量が1,000cc以下の車は3,000円、2,400cc以上の車は5,000円と設定しているディーラーもあります。ただし、エンジンオイルの種類や総排気量によっては10,000円以上かかる場合もあるので、事前に確かめるとよいでしょう。


ディーラーでエンジンオイル交換をする際の特徴

ディーラーのよい点は、自社メーカーの車に関する整備士の知識が豊富な点です。車種に合ったエンジンオイルを使って的確な交換作業を行ってくれます。

デメリットは、ガソリンスタンドやカー用品店に比べるとエンジンオイルの種類にもよりますが、比較的費用が高い傾向があります。

エンジンオイル交換を依頼するには事前に予約を入れるのが一般的です。インターネットや電話で予約はできますが、混雑している土曜日や日曜日は予約が入れられない場合があることも考慮しておきましょう。


ガソリンスタンドでエンジンオイル交換した場合の費用はいくら?

ガソリンスタンドは普段から利用する機会が多く、エンジンオイル交換を気軽に依頼できると感じる方も多いのではないでしょうか。ただし、利用する際には注意点があります。サービスの特徴とあわせて注意点も見ていきましょう。

ガソリンスタンドのエンジンオイル交換費用の目安

費用の目安はエンジンオイルの種類にもよりますが2,000円~4,000円です。たとえば、エンジンオイル代金プラス、工賃500円程度で作業をしてもらえるガソリンスタンドがあります。自社で製造したエンジンオイルを扱っている場合もあるので、性能と費用を比較しながら選ぶとよいでしょう。


ガソリンスタンドでエンジンオイル交換をする際の特徴

事前予約の必要がないことが多く、いつでもエンジンオイル交換をしてもらえるのが特徴です。給油や洗車のついでに、気軽に依頼できるのは大きなメリットといえるでしょう。また、費用も比較的安く、金銭的な負担も小さくて済みます。


イエローハットでエンジンオイル交換した場合の費用はいくら?

イエローハットは、ディーラーとガソリンスタンドの長所をあわせ持つお店といえるでしょう。費用が安く、スタッフも作業に慣れているため安心して依頼できます。ここでは、イエローハットの費用の目安やサービスの特徴をご紹介します。

イエローハットのエンジンオイル交換費用の目安

費用の目安はエンジンオイルの種類にもよりますが2,000円~7,000円程度です。工賃の500円(+税)にエンジンオイル代が別途かかりますが、クレジット&ポイントカード・オイル&ポイントカードの会員であれば工賃が無料になるため、安く済ませたい方におすすめです。


イエローハットでエンジンオイル交換をする際の特徴

イエローハットならスピーディな対応が可能です。お店の混み具合にもよりますが、15分程度で作業は終わります。また、さまざまな種類のエンジンオイルがあり、メーカーや車種に関係なく気に入ったエンジンオイルを選べることも魅力です。商品によって粘度や性能が異なるため、違いが分からないときはスタッフに確認してください。

また、作業に慣れたスタッフがそろっているので、エンジンオイル漏れといったトラブルを心配する必要もございません。


イエローハットにはお得なポイントカードあり!

エンジンオイル交換は定期的に行う必要があります。必須でかかってくる費用だからこそ、お得なポイントカードをご活用ください。

イエローハットのポイントカード「クレジット&ポイントカード」と「オイル&ポイントカード」の会員になると、オイル交換の工賃が無料になります。さらに、オイルフィルターやエアフィルターの交換工賃も無料になります。100円ごとに2ポイントが付与され、エンジンオイル交換以外の買い物にも使用できます。

「オイル交換ネット予約」なら24時間受付が可能です。お得なポイントカードを使って、エンジンオイル交換にお越しください。


エンジンオイル交換をDIYするといくら?節約できるけど危険性も

エンジンオイル交換をできるだけ安く済ませたいという方にはDIYという方法もあります。エンジンオイルの準備と交換を自分で行えば、お店に依頼するより費用を抑えられます。ただし、知識がないまま作業を行うと、思わぬトラブルが生じるケースもあるので注意が必要です。ここでは、エンジンオイル交換を自分で行うときに注意すべき点について見ていきましょう。

自分でエンジンオイルを用意すればリーズナブルな値段で交換できる?

エンジンオイルをインターネット等で取り寄せたりホームセンターで購入したりすれば、エンジンオイル代を安く抑えられます。ただし、廃油の処理には注意が必要です。廃油をそのまま捨てることはできず、「オイルパックを準備する」「ガソリンスタンドやカー用品店などで引き取ってもらう」といった方法での処理が必要となります。廃油の処理に費用が生じる場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。


コストダウンは見込めるがトラブルを起こす可能性がある

自分でエンジンオイル交換をすれば費用は抑えられますが、慣れない作業で怪我や火傷を負うリスクがあります。また、適正量を見誤ると車が故障し、修理に余計な出費がかかるケースもあります。車の整備の知識がない方は、無理して自分で作業をせずにイエローハットにご依頼ください。


エンジンオイル交換する前に知っておきたい基礎知識

エンジンオイルは定期的に交換する必要がありますが、できれば頻度を落としたいと考える方もおられるでしょう。確かに、エンジンオイル交換をしなくても車がすぐに壊れることはありません。しかし、車の性能を引き出し快適に走るためにはエンジンオイル交換は必要です。ここでは、エンジンオイル交換の費用内訳や頻度、役割について解説します。


エンジンオイル交換費用は工賃を加算したもの

お店によって具体的な金額は異なりますが、費用にはオイル代や工賃が含まれます。工賃はエンジンオイル交換作業費用です。エンジンオイル代は種類によって差があり、必要な量も車種に応じて変わります。


オイル交換する頻度は走行距離か使用期間で判断する

エンジンオイル交換の頻度は、走行距離か使用期間で決まります。イエローハットが推奨している走行距離の目安は3,000km~5,000km、期間の目安は3ヶ月~6ヶ月で、どちらか早いタイミングを推奨しております。

たとえば、前回の交換からまだ2ヶ月しか経っていなくても、走行距離が5,000kmに達しているならエンジンオイル交換をお勧めします。


エンジンオイル交換の役割は車を故障から守ること

エンジンオイルには主に5つの作用があります。潤滑作用、密封作用、冷却作用、清浄作用、防錆作用です。潤滑作用は、自転車に油を差すと金属部品が滑らかに動くように、車のエンジンもエンジンオイル交換によって回転力をよい状態に保つことができる作用です。

エンジン内の壁とピストンリングの隙間を満たし、ガスが抜け出ないようにするのが密封作用です。エンジン出力を維持し走りを楽しめます。エンジンが生み出す熱による故障を回避できるのが冷却作用です。

また、エンジン内部の汚れや煤、スラッジ等を取り除く清浄作用や、エンジンの部品に膜を張って錆から守る防錆作用もあります。これらの役割によって車を故障から守るためにも、エンジンオイル交換は定期的に行いましょう。


まとめ

このようにエンジンオイル交換はお店によって費用や特徴が異なります。お店を選びの参考にしてみてください。一番のおすすめは、費用が安く、かつ整備も信頼でき、自分に合ったエンジンオイルが見つかるイエローハットです。

イエローハットではエンジンオイル交換工賃が無料になり、お得に交換ができるクレジット&ポイントカード・オイル&ポイントカードをご用意しています。エンジンオイルの種類も豊富で、性能にこだわりたい方や安く済ませたい方など、さまざまな方におすすめです。エンジンオイル交換を検討中の方は、ぜひ24時間受付中のWEB予約をご利用ください。