HOME > オイルコラム > エンジンオイル交換をするメリットとは?

COLUMN

エンジンオイル交換をするメリットとは?放置すると車はどうなるの?

車に乗っていると、定期的にエンジンオイル交換をしなければなりません。メンテナンスの一貫として行っていても、なぜエンジンオイル交換が必要なのか理解していない方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、エンジンオイル交換をするメリットについてご紹介します。コラムを読めば、エンジンオイルの役割や正しいエンジンオイル交換の方法が理解できるでしょう。正しいメンテナンスの知識として、ぜひ参考にしてみてください。

エンジンオイル交換のメリットを5つの効果から解説!

エンジンオイルには車のコンディションを保つ役割があり、機能を維持するためには定期的に交換しなければなりません。具体的にはどのような効果があるのでしょうか。ここでは、定期的にエンジンオイル交換を行うメリットを5つご紹介します。

(1)潤滑作用~エンジンを長持ちさせる~

エンジンオイルには潤滑油としての役割があり、エンジンに使用されているさまざまなパーツが円滑に動くために必要です。パーツがスムーズに動くと磨耗を防ぐことができるため、故障するリスクを減らせるでしょう。

ただし、エンジンオイルが劣化すると潤滑作用が失われます。その状態のまま乗り続けると、徐々にエンジン性能が低下し故障の原因になり兼ねません。そこで、エンジンオイル交換をすることによって本来の潤滑作用を取り戻し、エンジンのコンディションを良好に保てます。


(2)冷却作用~高熱・摩擦による不具合を防ぐ~

燃料が激しく燃焼することで、エンジン内は高温になります。エンジンの過熱によるオーバーヒートを防ぐためには冷却する必要があります。エンジン内を循環しているエンジンオイルは、高温になる部分から熱を吸収してオイルパンに戻ります。吸収した熱をオイルパンで放出することによってエンジンを冷却する仕組みです。

劣化したエンジンオイルを使っていると熱をうまく吸収できず、エンジンがオーバーヒートする恐れがあります。定期的にエンジンオイルを交換して冷却性能を維持し、エンジンの負荷を軽減することが大切です。


(3)密封作用~本来のエネルギーを保つ~

エンジンオイルには、ピストン部分の隙間をふさぐ密封作用があります。エンジンはシリンダー内で燃料を燃焼させて得たエネルギーを利用するので、隙間があるとエネルギーが外部に漏れて必要なパワーが得られませんが、エンジンオイル交換を行う事により、適切な粘度を保ち、エンジンオイルがピストンとシリンダーの隙間を満たしていれば、本来のパワーを発揮できるようになります。


(4)清浄作用~汚れを除いて不具合を防ぐ~

エンジン内にはスラッジという汚れが発生します。スラッジがたまるとエンジンが故障することもあるので、スラッジを吸収する清浄作用は大きな効果といえるでしょう。回収されたスラッジはフィルターを通るときに除去され、エンジンをスラッジの悪影響から保護できます。

エンジンオイルが劣化するとスラッジを吸収できなくなり、たまったスラッジのせいでエンジンがトラブルを起こすかもしれません。スラッジによるエンジンの劣化を防ぐためにも、定期的にエンジンオイルを交換して清浄作用を維持することが大切です。


(5)防錆作用~錆を防いで金属の劣化を防ぐ~

燃料の燃焼によって高温になるエンジン内部には、外部との温度差が大きくなることによって結露が発生します。金属でできたパーツに水分が付着して酸素と結合すると、錆が生じてエンジン性能が低下するため注意が必要です。

エンジンオイルには、エンジン内に油膜を張って酸素をシャットアウトし、錆の発生を防ぐ効果があります。エンジンオイルが古くなると油膜が薄くなり防錆作用が低下するため、エンジンオイル交換を行ってエンジンを錆から守りましょう。


エンジンオイル交換をせずに放っておくとどうなる?

エンジンオイルにはエンジンのコンディションを良好に保つ効果があるため、定期的に交換しないとさまざまなトラブルの原因になります。ここでは、エンジンオイル交換を行わなかった場合のデメリットについて見ていきましょう。


エンジン劣化や故障につながる

エンジンオイル交換をせずに古いエンジンオイルのまま走っていると、徐々にエンジンが劣化して故障する恐れがあります。特に問題なく走行できるからといって、エンジンオイル交換を先延ばしにするのはおすすめできません。エンジンのコンディションを良好に保ち故障を防ぐためにも、定期的に交換を行いましょう。

エンジンオイル交換のタイミングは車によって異なります。交換した日付や走行距離を記録しておくと、忘れずに交換ができるでしょう。


トラブルが起きると余計に費用がかかることも

エンジンオイル交換をしなかったことが原因でトラブルが起きると、高額な修理費用が掛かる場合があります。

修理できないような大きな故障の場合、エンジンのオーバーホールを行わなければなりません。オーバーホールには数十万円程度の費用がかかる場合があるため、定期的にエンジンオイル交換を行って故障を防ぐことが得策です。

エンジンオイル交換によってエンジントラブルの原因を減らすことができるので、コスト削減や快適性の維持という面から見ても大切な作業といえるでしょう。


エンジンオイル交換のメリットを得るためには?

エンジンオイル交換によるメリットを最大限に得るためには、いくつかのルールを守らなければなりません。ここでは、エンジンオイル交換を行うときの注意点をご紹介します。交換の方法や頻度が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。


交換頻度を守る

エンジンオイルは消耗品なので、頻度を守って定期的に交換することが重要です。イエローハットでは、車のコンディション維持の観点から以下の頻度でエンジンオイルを交換することを推奨しています。

  • 走行距離:3,000km~5,000km
  • 期間:3ヶ月 ~6ヶ月

2つの基準のうち、どちらか早いほうで交換するとよいでしょう。また、オイルフィルターを交換しないと、オイルフィルターの汚れによって清浄作用が低下します。オイルフィルターの交換目安は、オイル交換2回につき1回交換するのが理想的だと考えられています。

※車の状態、走行距離により交換目安は異なります。


プロの手で交換してもらう

エンジンオイル交換は自分でもできますが、安全確実に作業するにはプロに依頼することがおすすめです。プロにお願いすれば、車にぴったりのエンジンオイルを選択でき、交換の際の事故のリスクも減らすことができます。

また、古いエンジンオイルの抜き取りや廃油の処理といった手間のかかる作業もすべて任せられるので、自分で作業するのが面倒だと感じている方はプロの手で交換してもらうとよいでしょう。


エンジンオイル交換なら「イエローハット」におまかせ!

エンジンオイル交換を依頼するときは、技術があって信頼できるところに任せることが大切です。イエローハットのオイル交換サービスは、豊富な知識と経験を持ったスタッフが作業を行います。種類豊富なエンジンオイルの中から、車に合ったものを選べることも強みです。

WEBサイトからの予約もできるため、エンジンオイル交換の待ち時間を少なくしたい方は、ぜひイエローハットをご利用ください。


まとめ

エンジンのコンディションを保ち、車を快適に走らせるためにはエンジンオイル交換は必要不可欠です。定期的な交換には、走行性能の維持や故障リスクの軽減といったさまざまなメリットがあります。

安全にエンジンオイル交換をしたいなら、技術のあるお店に作業を依頼するとよいでしょう。イエローハットでは多種多様なエンジンオイルの中から最適なものを選べるので、エンジンオイルにこだわりがある方にもおすすめです。そろそろ交換しようと考えている方は、ぜひイエローハットをご利用ください。