HOME > オイルコラム > ディーゼル車のエンジンオイル交換情報まとめ!

COLUMN

ディーゼル車のエンジンオイル交換情報まとめ!交換期間・料金・注意点を解説

ディーゼル車はガソリン車とは異なる特徴を持つ車です。ディーゼル車の場合、エンジンオイル交換のタイミングがガソリン車とは違うのか気になっている方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、ディーゼル車のエンジンオイル交換についてご紹介します。交換頻度・料金・交換方法がわかれば、ディーゼル車でも管理しやすくなるでしょう。エンジンオイルを交換するときの注意点もお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。

ディーゼル車のエンジンオイル交換頻度

ディーゼル車の場合はどの程度の頻度でエンジンオイル交換を行えばよいのか疑問に思っている方もおられるかもしれません。エンジンオイル交換の頻度を見極める基準があるため、基準について確認しておきましょう。これから紹介する基準を覚えておけば、交換が必要かどうかを判断するのに役立ちます。

交換目安は3,000km~5,000kmもしくは3ヶ月~6ヶ月

エンジンオイル交換の頻度は「走行距離」か「使用期間」を目安にしましょう。エンジンオイルの種類によっても変動しますが、イエローハットが推奨する目安は「走行距離は3,000km~5,000km」「期間は3ヶ月~6ヶ月」のどちらか早い方です。

たとえば、前回交換したときから2ヶ月しか経っていなくても、5,000km走行していたなら交換することをおすすめします。オイルフィルターもエンジンオイルと同じく定期的な交換が必要なため、エンジンオイル交換2回に1回の交換が推奨時期です。 ※車の状態、走行距離により目安は異なります。


早めの交換を心掛けることが大切!

ディーゼルエンジンは軽油を燃料としており、燃焼の仕組みがガソリンエンジンとは異なります。燃焼の仕組みが違うことにより、ガソリンエンジンよりエンジンオイルが汚れやすいのが特徴です。エンジンオイルに汚れがたまるとエンジンのコンディションが悪くなり、放置すると故障につながりやすくなります。

定期的にエンジンオイルの量や汚れの状態をチェックし、交換基準に達したら早めに交換することを心掛けてください。

ディーゼル車のエンジンオイル交換料金はどのくらい?

ディーゼル車のエンジンオイル交換にかかるコストは、イエローハットにご依頼いただいた場合3,000円~8,000円程度が目安となります。ハイグレードオイルを使用したり容量が多かったりすると、目安の金額より高くなることもあります。


ディーゼル車のエンジンオイル交換にまつわる4つの注意点

ディーゼル車のエンジンオイルを交換するときには、いくつか注意すべきポイントがあります。車のコンディションを良好に保つためにも、適切なエンジンオイルを選んで交換しましょう。ここでは、ディーゼル車のエンジンオイル交換に関する注意点を4つご紹介します。

(1)エンジンオイル交換をしないとさまざまな不具合が生じる

エンジンオイル交換をしないと、エンジンから異音が発生したりパワーが落ちたりといった状態が生じやすくなります。燃料効率の低下やエンジン劣化の原因になる場合もあるでしょう。エンジンオイル交換をせずに放置し続けると、エンジンが故障して修理する事態になる恐れがあります。

車のコンディションを良好に保つためにも、忘れずにエンジンオイル交換をしましょう。また、あまり車に乗っていなくてもエンジンオイルは酸化するため定期的な交換が必要です。


(2)規格の異なるエンジンオイルを混ぜると劣化が早まる

エンジンオイルには粘度を表す規格と、グレードを表す規格があります。規格の異なるエンジンオイルを混ぜると劣化が早まる恐れがあるので注意が必要です。

粘度はSAEが定めた規格が用いられます。低温時の粘度と高温時の粘度を並べて「5W-30」のように表記してあるので、購入時にチェックしてみましょう。前半の数値が小さいほどエンジン始動時の負荷が低く、後半の数字が大きいほど粘度が高くなります。

グレードはAPI規格によって表され、ディーゼル車用のエンジンオイルは「CA」や「CI-4」のようにCから始まるのが特徴です。エンジンオイル交換を行うときは、粘度やグレードが異なるエンジンオイルを混ぜないように注意しましょう。


(3)ガソリン用エンジンオイルを入れると本来のパワーが発揮できない

オイルにはガソリン車用とディーゼル車用があり、ディーゼル車にガソリン車用のオイルを入れると故障の原因にもなります。

ディーゼル車用のエンジンオイルには硫黄酸化物を中和するためにアルカリ性の添加物が含まれており、エンジンの腐食を抑えてくれます。一方、ガソリン用のオイルにはそのような機能はなく、ディーゼルエンジン特有の状況に対応できません。

ただし、エンジンオイルの規格に「CF/SL」と書かれているものは、ガソリン車とディーゼル車のどちらにも使えるエンジンオイルです。ガソリン車とディーゼル車を両方所有している方は、兼用品を選択するという方法もあります。


(4)エンジンオイルは環境に合うものを選ぶ必要がある

エンジンオイルは走行する地域や環境に合わせたものを選びましょう。特に、粘度には注意が必要です。たとえば、外気温の低いエリアを走行するなら、自動車メーカーが指定している低温環境に適した規格のものを選びましょう。

ディーゼルエンジンは圧縮比がガソリンエンジンより高いという性質上、粘度が低いエンジンオイルはあまり向いていませんが、コンディションを良好に保つためにも、自動車メーカー推奨の粘度を選ぶとよいでしょう。よくわからないと言う方は、イエローハットにご相談ください。


ディーゼル車のエンジンオイルを確認する際のコツ

車のエンジンオイルの状態がどうなっているのか、気になる方もおられるでしょう。正しい方法で確認しないと状態を把握できず、怪我や火傷の原因になることもあるので注意が必要です。ここでは、ディーゼル車のエンジンオイルを確認するときのコツを3つご紹介します。

コツ1. 確認前にエンジンを切って時間を置いてから作業する

エンジンオイルは、エンジンを切ってしばらく経ってから確認しましょう。運転中はエンジンが高温になり、それにともなってエンジンオイルも高温になります。運転後は時間を置いて冷まさないと火傷をする危険性があるので注意しましょう。確認するために待つのが面倒だという方は、運転前に点検を行うことをおすすめします。


コツ2. オイルレベルゲージは拭き取ってから確認する

正しいエンジンオイルの量を確認するためには、オイルレベルゲージを正しく使わなければなりません。オイルレベルゲージでの確認は、以下の手順で行いましょう。

    1.ボンネットを開けてオイルレベルゲージを引き抜く

    2.引き抜いたオイルレベルゲージに付着したエンジンオイルを拭き取る

    3.再度オイルレベルゲージを奥まで差し込む

    4.オイルレベルゲージを抜き取ってエンジンオイルの量をチェックする

エンジンオイルの量を正確に把握するには、手順2でオイルを一度拭き取ることが大切です。オイルを拭き取る前の測定は正確ではないので、拭き取ってから再度差し込んで確認しましょう。


コツ3. エンジンオイル量は「F」と「L」の間に跡があるかないか

オイルレベルゲージを確認した際に、オイルの跡が「F」と「L」の間にある状態が正常です。車によっては「MIN」「給油用MAX」「点検用MAX」の3つのゲージがありますが、この場合は「MIN」と「点検用MAX」の間にあるかどうか確認しましょう。

「L」や「MIN」より少ないときはエンジンオイルが不足しているため、補給しなければなりません。この機会に交換を検討してもよいでしょう。一方、「F」や「点検用MAX」を上回っている場合は超過している分を抜き取ります。


プロへ任せるのがおすすめ!

エンジンオイル交換は自分でもできますが、プロに任せたほうが安心です。エンジンオイルの交換は手間がかかり、正しい手順で行わないと怪我や火傷のリスクがあります。プロに任せれば、廃油の処理や工具の調達といった面倒な作業から解放され、安全で確実な交換が可能です。エンジンオイル交換は、信頼できるお店に依頼することをおすすめします。

イエローハットなら24時間ネット予約受付中

イエローハットでは、エンジンオイル交換の予約を24時間受け付けています。待ち時間を短縮したい方や空き状況を確認してから店舗に行きたいという方は、ぜひWEB予約をご利用ください。


まとめ

エンジンの特性上、ディーゼル車のエンジンオイル交換はガソリン車より頻繁に行う必要があります。また、ディーゼル用のエンジンオイルや適切な規格のエンジンオイルを選ぶことの大切さを理解できたのではないでしょうか。

エンジンオイル交換はプロに任せるのがおすすめです。エンジンオイル交換を信頼できるプロに任せたいと考えている方は、ぜひイエローハットをご利用ください。時間を有効活用したい方やあらかじめスケジュールを調整したい方のために、イエローハットではエンジンオイル交換のネット予約を受け付けています。