HOME > オイルコラム > エンジン音からの異音はオイルが原因?

COLUMN

エンジン音からの異音はオイルが原因?エンジンオイル交換するべきサインや交換方法

最近の車は静音性に優れているだけあって、車の異音には気づきやすい傾向にあります。しかし、それがエンジンからの異音となると不安にかられてしまうのではないでしょうか。エンジンから異音がする原因のひとつに、エンジンオイルの劣化が考えられます。

そこでこの記事では、エンジンオイル交換とエンジン音との関係性をご紹介します。エンジンの異音は車の核心部からのSOSであることが理解できれば、エンジンオイル交換のサインを見逃すことはないでしょう。タイミングを見極め、適切にケアすれば車のコンディションも良好に維持できます。

エンジン音にも注意!エンジンオイル交換のサイン

車を所有している方の中には、エンジンオイルの交換タイミングがわかりにくいと感じている方もおられるのではないでしょうか。そのようなときは、エンジン音がカギになる場合があります。エンジン音が普段と違うときは、エンジンオイルの劣化が考えられますので交換するタイミングかもしれません。ほかにも、エンジンの様子からわかるエンジンオイルの交換サインがあるのでご紹介します。

エンジン音や振動が大きくなった

エンジンオイルが劣化すると潤滑性能や緩衝性能が落ちてしまい、エンジン音や振動が普段より大きくなる傾向があります。これは、エンジンが円滑に動作しなくなることによって音や振動が発生するためです。「最近エンジンがうるさくなった」「振動が増えて乗り心地が悪い」と感じることはないでしょうか。そのようなときはエンジンオイルの劣化を疑いましょう。

エンジンオイルの劣化が原因であれば、交換するだけでエンジン音が静かになり、振動も抑えられます。交換しないで放置するとさらにひどくなるので、早めに交換しましょう。イエローハットでは、付随するパーツの点検も行いますのでエンジンオイル交換以外の不備も見つけることができます。


エンジンのパワーダウンを感じる

劣化したエンジンオイルでは油膜が薄くなり、本来持っている密封効果を発揮できません。密封効果が低下するとパワーが外部に逃げてしまい、エンジンの出力が低下します。

エンジンの出力が低下すると、坂道などでパワー不足を感じやすくなるでしょう。新しいエンジンオイルであればエンジンの隙間をきちんと密封してくれるため、エンジンが生み出したパワーが外部に漏れずに本来の出力を発揮できます。快適な走行性能を維持するためにも、定期的にエンジンオイルを交換してエンジン本来の性能を発揮できるようにしましょう。


エンジンがかかりにくい

エンジンは、スターターモーターの力でクランクシャフトを回転させることによって始動させます。これをクランキングと呼び、エンジンオイルはクランキング時にエンジンを始動しやすくするとともにパーツを保護する働きをしています。

クランキング時には「クランキング音」と呼ばれる音が発生しますが、エンジンオイルが劣化するとエンジンがかかりにくくなりクランキングの回数が増えるでしょう。他にも、エンジンオイルの油膜が無くなった状態でエンジンをかけるドライスタートになると、パーツに負荷がかかって故障する原因になります。

「なぜかエンジンがスムーズにかからない」と思ったらエンジンオイルの劣化を疑いましょう。ただし、冬場は他の季節に比べてエンジンがかかりにくくなるので注意が必要です。


エンジンオイルを交換しなかったらどうなる?

エンジンオイルはエンジンを動かし、保護する面において重要な役割を果たしています。エンジンオイルを交換せずに車に乗り続けると、さまざまなトラブルの原因になるので注意が必要です。

トラブルを防ぐためには、自動車メーカーが推奨するエンジンオイルの種類で、定期的な交換をした方が良いでしょう。イエローハットでは、自動車メーカーが推奨しているエンジンオイルの種類や、交換タイミングを意識したエンジンオイル交換をご提案しています。これからご紹介するトラブルを防ぐためにも、適切なエンジンオイルを選択して定期的に交換しましょう。

マフラーから白い煙が出る

エンジンオイルが劣化した車に乗り続けていると、走行中にマフラーから白い煙が発生することがあります。これは、エンジンオイルの粘度がなくなることによってシリンダーとピストンの間に隙間ができ、そこからエンジンオイルが燃焼室に入り込むことによって発生するものです。

このような状態になるとエンジンオイルがガソリンと一緒に燃焼し、白い煙が発生します。この煙は水蒸気などではないため特有の臭いがあるので、判別しやすいでしょう。放置し続けると重大なエンジントラブルに繋がりかねません。車のマフラーから白い煙が出ていたら、速やかにエンジンオイルを交換するようにしましょう。


エンジンから異音がする

エンジンオイルが劣化すると十分な油膜がつくれず、パーツを摩耗から保護できません。そのまま乗り続けると、パーツが損傷してエンジンが動かなくなってしまう可能性があります。エンジンから今までになかった異音がする場合は、パーツ同士が触れることによって音が出ている可能性があるので「しばらくエンジンオイル交換していない」と思ったら、エンジンオイル交換をおすすめします。


エンジンが焼き付く

古いエンジンオイルは本来の冷却効果を発揮できず、乗り続けているとエンジンのオーバーヒートに繋がる可能性があります。場合によってはオーバーヒートによってパーツの焼き付きが発生し、エンジンをオーバーホールしなければ走れなくなることもあるので注意が必要です。

水温計が異常高温を示していたり、加速時に異常燃焼したりするときはオーバーヒートしている可能性が考えられるでしょう。オーバーヒートをはじめとする重大なエンジントラブルを防ぐためにも、イエローハットでは定期的にエンジンオイル交換することを推奨しています。


どれくらいでエンジンオイルを交換するべき?

「エンジンオイルの重要性は理解できたけれど、実際にどのタイミングで交換すればよいのだろうか」と考えている方もおられるのではないでしょうか。エンジンオイル交換のタイミングについては、使用しているエンジンオイルの種類や車の使用状況によって異なります。

イエローハットではエンジンオイル交換時期の目安として、走行距離3,000km~5,000kmまたは前回のエンジンオイル交換から3ヶ月~6ヶ月のどちらか早い方を提案しています。車の状況がこの条件に当てはまる場合は、エンジンオイル交換を行ったほうがよいでしょう。

イエローハットでは他にも、車の使用状況を加味したエンジンオイル交換をご提案しています。オフロード走行や短距離走行を繰り返すような走行をしていた場合は、より短期間でエンジンオイル交換をしなければなりません。シビアコンディションに該当する場合も、ぜひご相談ください。

しばらくエンジンオイル交換を行っていない場合は、可能な限り早くエンジンオイル交換することが車のコンディションを保つ上で大切です。余計なトラブルを防ぐためにも、「エンジンオイル交換をしたほうがよいのだろうか」と迷ったときは交換することをおすすめします。


エンジンオイルの交換はどこでできる?

エンジンオイルを交換したほうがよいことは分かっていても、どこでエンジンオイル交換できるのかが分からないという方もおられるかもしれません。エンジンオイル交換は自分で行う方法とディーラー、カー用品店などに任せる方法があります。エンジンオイル交換の方法について詳しく知りたい方や、それぞれの方法にどのようなメリット・デメリットがあるのかを知りたい方は要チェックです。

自分で交換する

自分でエンジンオイル交換を行うと工賃がかかりません。一方で交換する手間がかかるので面倒だと感じる方もおられるでしょう。自分でエンジンオイル交換を行う場合は以下の手順で作業します。

1.エンジンをかけて5分ほどアイドリングし、エンジンを停止する
2.オイルフィラーキャップを取り外す
3.オイルレベルゲージを抜き、抜いたところにオイルチェンジャーのノズルを差し込む
4.オイルチェンジャーで古いオイルを回収する
5.新しいエンジンオイルを注入する
6.オイルフィラーキャップ・オイルレベルゲージを戻す
7.エンジンをかけてアイドリングし、その後停止する
8.オイルレベルゲージでエンジンオイルが適正量入っているかを確認する
9.問題がなければ交換完了

このようにエンジンオイル交換は非常に手間がかかるものです。忙しい方や車に詳しくない方は、難しいと感じるのではないでしょうか。そのように感じたら、安心して車に乗るためにもイエローハットでエンジンオイル交換することをおすすめします。


ディーラーに依頼する

エンジンオイル交換はディーラーに依頼することも可能です。ディーラーから購入した方は、そのままメンテナンスもディーラーで受けるという方も少なくないでしょう。ただし、ディーラーでは純正エンジンオイルだけを取り扱っているところがほとんどで、自分で商品を選べないことが多いようです。市販で売られているエンジンオイルが気になる場合は、イエローハットにご相談ください。イエローハットは、自動車メーカーの水準とお客様のご要望に合わせたエンジンオイルをご提案しています。


カー用品店に依頼する

可能な限りコストを抑えたい、けれどもエンジンオイル交換のクオリティは落としたくないと考えている方もおられるでしょう。そのような方には、カー用品店でエンジンオイル交換をするのがおすすめです。

イエローハットでは、安心して車に乗っていただくためにも手軽に利用できるエンジンオイル交換サービスを提供しています。自分で交換するよりも手軽に、ディーラーで交換するよりもお手頃なのでぜひ一度ご検討ください。

ポイントカードシステムも導入しており、「クレジット&ポイントカード」「オイル&ポイントカード」にご加入いただければエンジンオイル交換にかかる工賃が無料になります。貯まったポイントをエンジンオイル代金に充当できるため、お得に交換したい方はぜひご加入ください。


エンジンオイルの交換をプロに依頼するメリット

エンジンオイルをプロに任せるとさまざまなメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのか知りたい方は、次に紹介する3つのポイントをチェックしてみましょう。これまでエンジンオイル交換の重要性を認識していなかった方にとっても大きなメリットがあります。

安心して依頼できる

イエローハットにエンジンオイル交換を任せていただければ、交換経験豊富なプロが適切にエンジンオイル交換を行います。自分で交換するとなると「本当にこの手順で合っているのか」「オイルの選び方は正しいのか」などさまざまな疑問が出てくるものです。

イエローハットでは車の構造や車種ごとに最適なエンジンオイルを熟知したスタッフが在籍しており、最適なエンジンオイルを選んで適切な手順で交換いたします。車の移動や保護・点検などもきちんと行っているので安心してご依頼いただけます。


交換の手間が省ける

自分でエンジンオイル交換をするとなると、暖機運転からエンジンオイルのチェックなどのさまざまな作業を行わなければなりません。作業には手間がかかるため、時間がなかったりすると後回しにしてしまいがちになっていませんか?

イエローハットにエンジンオイル交換を依頼いただければ交換作業をすべて任せられ、待っているだけでエンジンオイル交換が完了するため、手間を省きたい方におすすめです。


交換時期を相談できる

無事にエンジンオイル交換を行えても、次回のエンジンオイル交換をいつ行えば良いのか分からないこともあります。

イエローハットでは、ご来店いただければエンジンオイル交換の有無を無料で診断いたします。「前回いつやったのかわからない」「ちょっと不調を感じる」というときにご利用ください。

他にも、イエローハットでエンジンオイル交換を行った方には次回の交換時期を知らせる「オイル交換お知らせシール」の貼り付けサービスを行っています。目に見えるところに目安があれば、次回の交換時期を忘れてしまうことを防げるでしょう。車のコンディションを保ちたいと考えておられる方や、エンジンオイル交換を忘れがちな方はぜひイエローハットをご利用ください。

まとめ

エンジンオイル交換を定期的に行うことは、車のコンディションを保つ上で重要です。交換を怠ると、エンジンから異音などがしてくるようにもなります。

イエローハットではエンジンオイル交換のプロが自動車メーカー推奨の交換サイクルや車のコンディションなど、さまざまなポイントをチェックして交換した方が良いかを判断しています。エンジンオイルの種類も豊富なので、こだわりたい方にも最適です。

週末などの混雑する時にも待ち時間を短縮できる「WEB予約」も実施しています。WEBサイトから24時間いつでも予約できるので、事前に予約しておけば長時間待たされることはありません。車のコンディションを保つためにも、この機会にイエローハットのエンジンオイル交換をご利用ください。