HOME > オイルコラム > エンジンオイルの交換で燃費が維持できるって本当?

COLUMN

エンジンオイルの交換で燃費が維持できるって本当?実は重要なエンジンオイルの選び方

車を運転するにあたって燃費は気になるポイントの1つ。燃費が良い車種を購入し、運転にも気を遣って燃費の維持に苦心している方もおられるのではないでしょうか。もしも「最近燃費がよくないな……」と気になられている方は、エンジンオイル交換で回復するかもしれません。

そこでこのコラムでは、エンジンオイル交換と燃費の関係についてご紹介します。エンジンオイル交換時期の目安や、適切なエンジンオイルの選び方の知識を得れば、燃費の維持に役立つでしょう。イエローハットが燃費を維持する「エンジンオイル交換」について詳しく解説します。

エンジンオイル交換で燃費率が変わる!

エンジンオイルにはエンジンの負担を抑制する役割があり、エンジンの調子や燃費効率に影響を与えます。エンジンオイル交換で低下していた燃費が回復することもあるので、定期的な交換は重要です。エンジンオイルの役割や重要性から目を向けていきましょう。

エンジンオイルの5つの役割とは?

エンジンオイルの主な役割として、「潤滑」「密封」「冷却」「清浄」「防錆」の5つがあります。「潤滑」作用はエンジン内部のパーツ同士の摩擦を減らし、円滑な動作を補助する役割です。「密封」作用は、エンジン内部で生まれたエネルギーが漏れ出してパワーロスが起こるのを防ぎます。

エンジンは燃焼や摩擦によって非常に高温になるので、「冷却」作用で発熱を抑えることも重要です。燃焼や動作で発生する汚れを吸着することで「清浄」し、エンジンの寿命を縮める錆の発生を抑える「防錆」の効果も期待できます。


エンジンオイルを交換しないと燃費は悪化する

エンジンオイルを交換しないと燃費が悪化するのは、劣化したエンジンオイルではエンジン性能を維持できず、効率的にエネルギーを伝達できなくなるためです。

劣化すると潤滑や密封作用の本来の効果が得られず、車を動かすのに必要なエネルギー量を確保するためにより多くの燃料が必要になります。エンジンオイル交換で燃費が良くなるように感じるのは、低下していた本来の性能が回復しただけであって、エンジン性能が向上するわけではありません。


酸化したエンジンオイルは車の故障にも繋がる

エンジンオイルは、開封して空気に触れた瞬間から酸化は進みますので、ほとんど走行していない車であっても定期的な交換は必要です。

酸化が進むと粘度が低下し、十分な油膜を張れなくなり、潤滑作用や密封作用の機能低下を招きます。これによりパーツの摩耗が起こり、汚れたエンジンオイルが循環することで錆や腐食の原因になることがあります。


どのエンジンオイルでも性能は一緒?

カー用品店にはさまざまなエンジンオイルが販売されていますが、どれを使用しても効果は同じと思っている方もおられるのではないでしょうか。しかし、エンジンオイルにはそれぞれ特性があり、車に適した品を選ぶことが大切です。

エンジンオイルにも種類がある

エンジンオイルと一口にいっても種類はたくさんあり、それぞれブランド・粘度・性能などが異なります。冷却作用が強いものや燃費性能を重視したものといった個性があり、どの品を選ぶかによって車に影響を与えます。種類によって値段も異なるので、コストパフォーマンスを意識して選ぶことも大事です。


車種に合わせて選ぶことが重要

車種やエンジンの仕様によって適切なエンジンオイルは異なります。適切な品を選ばなくては、いくら高品質なものを使用してもエンジン性能は低下して故障の原因になることも考えられます。

省燃費性能を売りにしているエンジンオイルを使用したとしても、エンジンとの相性が悪ければ逆に燃費は悪化するでしょう。エンジンオイルは、値段や性能よりも車に適したものを選ぶことが第一です。


自分の車に適合するエンジンオイルを選ぼう!

エンジンオイルは車に適したものを選ぶことが重要ですが、自分の車に合った商品がわからないという方もおられるでしょう。エンジンオイルを選ぶときは、純正オイルや粘度などの性能を考慮して選ぶのが基本です。それでは、エンジンオイルの選び方を解説いたします。

自分の車の推奨エンジンオイルを調べる

各自動車メーカーは、自社で製造している車に適したエンジンオイルを設定しています。メーカーが推奨している純正オイルなら、エンジンとの相性は保証されているので安心して使用できます。

自動車メーカーが公表している推奨エンジンオイルは車種だけでなく、グレードやエンジンの違いによって細かに指定されています。推奨されるエンジンオイルを調べるときは、車の車両型式やエンジン型式・年式などを確認してから行いましょう。

イエローハットは、エンジンオイルの種類が豊富です。また、店頭の車種別ガイドで適合オイルが調べることができますので、ぜひご利用ください。事前に車の以下の項目を調べておくと、スムーズに適切なエンジンオイルを探せるでしょう。

  • 排気量
  • 車両形式
  • 年式
  • エンジン形式

エンジンオイルを「粘度」で選ぶ

エンジンオイルの重要な項目のひとつに粘度があります。粘度はエンジンオイルの硬さを示す指標で、「5W-40」といったように表記されています。エンジンオイルには低温度時は硬くなり、高温時に柔らかくなるという性質があるため、温度が低い時と高い時のふたつの硬さが記されています。

「W」はWinterを意味しており、「冬」つまり低温度時の硬さを表しています。「-」の後ろに続く数字は高温時の硬さを示しており、「5W-40」は、低温度時の硬さ「5」高温時の硬さ「40」と読み取れます。

低温度時の数字が小さいほど、低温でもエンジンオイルが柔らかくて性能を発揮しやすく、高温時の数字が大きいほどエンジンの温度が上がっても性能を維持できることを意味しています。


エンジンオイルを「ベースオイル」で選ぶ

ベースオイルはエンジンオイルの主な成分を指しており、「全合成油」「鉱物油」「部分合成油」の3種類が一般的です。

「全合成油」は原油を高度に精製して、可能な限り不純物を取り除いた高純度のエンジンオイルです。低温時の始動性や耐熱性に優れる特徴がある、質の高い高性能なベースオイルです。高性能な分、コストがかかる傾向にあります。

「鉱物油」は、原油を蒸留して精製するベースオイルです。生成方法がシンプルな分、低コストで販売されております。しかし、酸化に弱く耐熱性能が低めな傾向がありますが、車を走らせるのに十分な性能は備えています。

「部分合成油」は、全合成油と鉱物油の混合油です。比率は鉱物油のほうが高い場合が多く、鉱物油のデメリットである酸化の速さや低温始動時性能を補うために全合成油が使われています。価格は、全合成油と鉱物油の中間ほどになるのが一般的です。


エンジンオイルを「品質規格」で選ぶ

エンジンオイルには、「API」と「ILSAC」2つの規格が設定されています。APIは米国石油協会・アメリカ自動車技術者協会・アメリカ材料試験協会が定めた規格です。ILSACは、日米自動車工業会が定めた規格です。APIをもとに省燃費性能を加味して評価する規格となっています。

APIは「SN」といったようにアルファベット2つで表記されており、Sの後ろのアルファベットがエンジンオイルの規格を示しています。「SA」は添加物を含まないベースオイルです。「SB~SN」は、アルファベットが進むほどグレードが高くなり、高性能な添加物が配合されたエンジンオイルであることを意味しています。

ILSACは「GF-5」といったように表記し、「GF-1」がAPI「SH」に該当します。以降は数字の進みとAPIのアルファベットの進みがリンクし、最高グレードは「GF-5(SNに該当)」です。


エンジンオイルはどのくらいで交換するべき?

車の性能を維持するのに重要なエンジンオイル交換ですが、どのくらいの頻度で交換するのが良いのでしょうか。交換時期の判断基準は複数あり、どれも軽視できません。チェック項目やチェック方法を確認しておきましょう。車の状態を維持するためにイエローハットが推奨する交換時期をご紹介します。

交換時期は車の使用頻度やエンジンオイルによっても異なる

エンジンオイルの交換時期は走行距離や使用期間、エンジンの種類などから検討するのが基本です。さらに、車の使用状況や使用しているエンジンオイルの種類といった個別の要素も加味する必要があります。まずは、自分がどのような車に乗っていて、どのような使い方をしているのかしっかり把握することが大切です。


イエローハットのエンジンオイル交換の目安

イエローハットでは、エンジンオイルの交換時期の目安を走行距離3,000km~5,000kmもしくは3ヶ月~6ヶ月としています。これまで多様な自動車メーカーの車を取り扱ってきたノウハウをもとに設定しております。


エンジンオイルの交換時期の確認方法

オイルレベルゲージをチェックすれば、ご自宅でエンジンオイルの状態を確認できます。エンジンの側に備えられているオイルレベルケージで、エンジンオイルの量や色・汚れをチェックして交換時期に達しているか確認しましょう。

量が上限と下限の間に収まっていない時や、エンジンオイルが真っ黒でスラッジが大量に混じっている時はエンジンオイルが劣化しているサインです。エンジンオイルの交換が必要な時は、ぜひイエローハットへお越しください。プロの手による適切なサービスをご提供させていただきます。


エンジンオイル交換はどこでできる?

エンジンオイル交換する場所の候補は大きく分けて3つです。それぞれ異なるメリットがあるので、自分に適したところを選びましょう。場合によってはデメリットが発生することもあるので、事前に情報を得てお得な方法を検討することをおすすめします。

自分で交換する

エンジンオイルは自宅で交換することも可能です。DIYで交換すれば工賃がかからず、エンジンオイル代のみで交換できます。ご自分で作業を行うことになるため、車に詳しい方向けの方法です。

ご自分で交換する場合は、オイルチェンジャーやオイルジョッキ、廃油処理容器などを用意する必要があります。

オイルレベルゲージからオイルチェンジャーでエンジンオイルを抜き、オイルジョッキで新しいエンジンオイルを注入するのが基本的な方法です。古いエンジンオイルは産業廃棄物に指定されていますので、廃油処理容器に入れて適切に処理しましょう。


ディーラーで交換する

ディーラーに依頼する場合、新車は無料交換などの特典を受けられることがあります。車の構造を熟知している整備士に任せられる点も安心です。ただし、ディーラーではエンジンオイルの種類が限定されることがありますので自分で好きなものを選べない場合があります。


イエローハットで交換する

イエローハットはディーラーよりも低コストで、自分で作業するよりも手軽に交換できます。ご自宅で作業すると処理が大変な廃油の処理もお任せください。エンジンオイルの種類も豊富に取り扱っており、ご予算やご要望に合わせたサービスをご提供させていただきます。

WEB予約でお申込みいただくと、待ち時間なくご利用いただける点も便利です。エンジンオイルの交換をご希望の際は、ぜひイエローハットへお申し付けください。


燃費の維持におすすめのエンジンオイルが選べるイエローハット!

イエローハットでは「クレジット&ポイントカード」「オイル&ポイントカード」の会員であればエンジンオイル交換の工賃は無料となります。また、交換の際に無料で12項目の点検を行っており、他の部分もチェックさせていただきます。車の調子が悪い時はご遠慮なくお申し付けください。

車の燃費を気にされる方のために、燃費の維持におすすめのエンジンオイルも取り扱っています。「MAGMAX プレミアムS 0W20」は低粘度ながらも油膜保持能力に優れ、潤滑性能を長期間維持します。ご希望の際は店舗スタッフへお声がけください。


まとめ

エンジンオイルを長期間交換しないでいるとエンジン性能が低下し、燃費の悪化の原因となります。エンジンオイル交換することで回復が見込めますが、車本来のスペックよりも燃費が上がるわけではありません。

車に合ったエンジンオイルを選ぶことを意識することも忘れないようにしましょう。

イエローハットにお申し付けいただければ、エンジンオイル交換作業は約15分で完了します。WEB予約もご利用いただくと、ご来店の際にお待たせすることなくすぐにご案内いたします。皆様のお越しをスタッフ一同でお待ちしています。