HOME > オイルコラム >ハイエースのエンジンオイル交換の目安は?

COLUMN

ハイエースのエンジンオイル交換の目安は?ガソリン車とディーゼル車の違いもチェック!

豊富なバリエーションからロングセラーとなったワンボックス車「ハイエース」。業務用としても幅広く活躍しているので、街中で見かける機会も多い車種です。しかし、ガソリン仕様とディーゼル仕様があるので、定期メンテナンスの「エンジンオイルの交換時期」が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、ハイエースのエンジンオイル交換についてご紹介します。車の仕様毎の推奨エンジンオイルを把握しておけば、ハイエースの性能をより引き出すのに役立つでしょう。

【ハイエース】エンジンオイル交換のポイント

エンジンオイル交換する際は、交換時期や使用するエンジンオイルに気を配る必要があります。車ごとに適切な交換時期や適合するエンジンオイルは異なるので、ご自分の車の情報を事前に整理しておくことが大切です。ハイエースのエンジンオイル交換のポイントについて解説しましょう。

トヨタ推奨の交換目安をチェックする

     

各自動車メーカーは、自社開発の車に適合するエンジンオイルの交換時期を発表しています。ハイエースを生産しているトヨタからも推奨される目安はありますが、走行コンディションを含まず、車の機能性を考慮し、設定された数字となります。

ただし、車本来の機能を維持するためには生産元の情報は見逃せません。イエローハットでは、使用状況における耐久性を研究し、自動車メーカーが推奨するデータを元に走行距離3,000km~5,000km毎、あるいは3ヶ月~6ヶ月毎の交換を推奨しています。


ハイエースに適合するエンジンオイルをチェックする

     

すべての車において、車種やエンジンの仕様毎に適合するエンジンオイルが異なります。自動車メーカーは純正エンジンオイルを推奨していますが、成分や規格が同等であれば好きなブランドのエンジンオイルを使用できます。

イエローハットでは店頭に車種別データブックを置いていますので、適合エンジンオイルに悩む必要はありません。排気量・車両形式・年式・エンジン形式をあらかじめお調べいただくとスムーズに適合エンジンオイルを探せます。


ハイエースに必要なエンジンオイル量をチェックする

    

使用するエンジンオイルの量も、車種ごとに差があります。ハイエースは、使用するエンジンオイルの量は多くなることを覚えておきましょう。イエローハットは量り売り販売をしておりますので、お使いいただいた量だけをお買い求めいただけます。ご希望の際は店舗スタッフにお声がけください。
※一部店舗では量り売りを実施していない店舗もございます。


【ハイエース】エンジンタイプごとの推奨エンジンオイル

ハイエースに適合する、イエローハット推奨のエンジンオイルをご紹介します。ハイエースには、「ガソリンエンジン」と「ディーゼルエンジン」がありますので、それぞれに適したエンジンオイルを選ぶことが大切です。エンジンの仕様と照らし合わせながら、おすすめのエンジンオイルを確認しましょう。

ガソリンエンジンタイプ

     

ガソリンエンジン仕様のハイエースにおすすめなのは、粘度指数「0W-20」「5W-20」規格グレード「SL~SN」のエンジンオイルです。この規格以外にも適応するエンジンオイルはありますので、店頭スタッフにご相談ください。イエローハットのオリジナルブランド、「MAGMAX」のおすすめ商品をご紹介します。

     

・プレミアムHV(0W-20)
ベースオイルに全合成油を使用した高性能なエンジンオイルです。PAOとエステルを配合し、低温でも優れた油膜性能を発揮します。

     

・プレミアムS (0W-20)
定粘度ながらも強力なエンジン保護性能を有する全合成油ベースのエンジンオイルです。潤滑性能を長時間維持してエンジンを保護します。

     

・エクセレントS ZERO(0W-20)
部分合成油を使用しており、全合成油よりもお手ごろな価格でお求めいただけます。省燃費エンジンにも優れた適性をもつエンジンオイルです。

     

・エクセレントS(5W-20)
特殊モリブデンとエステルを配合した部分合成油ベースのエンジンオイルです。走行条件を問わずにエンジンを保護し、車の健康状態を保ちます。

     

・スペシャルS(5W-20)
ベースオイルに低コストの鉱物油を使用しました。長時間安定してエンジンを保護できる省燃費型エンジンオイルです。

     

・スペシャルS ZERO(0W-20)
省燃費性能と安定したエンジン保護性能が魅力の低コストのエンジンオイルです。費用を抑えたい方にもおすすめの品です。


ディーゼルエンジンタイプ

    

ディーゼルエンジン仕様のハイエースにおすすめのエンジンオイルは、粘度指数「10W-30」「0W-30」「5W-30」規格グレード「CF-4」「DL1」です。ディーゼルエンジン向けにもさまざま規格が用意されていますので、店頭スタッフにお声がけください。「MAGMAX」のディーゼル向け商品は、「ディーゼルライト DL1」になります。

・ディーゼルライト DL1(5W-30)
HVI基油を使用し、最新のクリーンディーゼル規格であるDL1に適合するディーゼルエンジン用のエンジンオイルです。DPFを搭載した車種にも対応しており、優れた耐熱作用・清浄作用・潤滑作用を発揮します。

ディーゼルエンジンは、軽油を燃焼させる関係上とても煤が出やすい特徴があるため、エンジンオイルは清浄作用が高められています。燃焼後の残留物である硫黄酸化物対策の防錆作用や、圧縮を維持するための密封作用も重要です。


ガソリン車とディーゼル車で異なるエンジンオイル規格

ガソリン車とディーゼル車ではエンジンオイルの規格が異なるため、基本的に共用はできません。また、エンジンオイルにはそれぞれ粘度が設定されています。

粘度とはエンジンオイルの性能を示す指標のひとつであり、エンジンオイルの硬さ具合を表しています。ガソリン車とディーゼル車では粘度指数の適正も異なるため、注意が必要です。

エンジンオイルの規格が異なる理由

    

ガソリン車とディーゼル車は、燃焼させる燃料が異なるためエンジン構造や燃焼の仕組みも異なり、エンジンオイルに求められる役割にも違いがあります。

ガソリンエンジン用のエンジンオイルには、摩耗を抑制する潤滑性能を補助するためにモリブデンが配合されています。一方で、ディーゼルエンジン用のエンジンオイルには、燃料である軽油が燃焼したときに発生する硝酸の中和剤が含まれているのが特徴です。

ディーゼル車には、ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる粒子状物質を集めて除去するシステム、「DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)が備えられています。ガソリンエンジン用のエンジンオイルをディーゼルエンジン車に使用すると、中和剤がないために残渣物が増えてDPFを詰まらせる原因になることがあるので注意しましょう。


ガソリン車のエンジンオイル規格

    

ガソリンエンジン用のエンジンオイルには、「API」と「ILSAC」という2つの規格が設定されています。API規格は米国石油協会・アメリカ自動車技術者協会・アメリカ材料試験協会の3者によって定められた規格です。ILSACは、日米自動車工業会が定めた規格となっています。

APIのガソリンエンジン用の規格はイニシャルSで始まり、Sのうしろのアルファベットがエンジンオイルの性能を示しています(SNなど)。後ろのアルファベットは2020年時点でA~Nまでの14段階です。アルファベットが進むほど新しい規格であることを表しており、性能も高くなります。

近年では主に2010年に制定された「SN」規格が流通しています。「SN」は、2004年に制定された「SM」規格の省燃費性能や触媒保護性能を強化した最新規格です。


ディーゼル車のエンジンオイル規格

ディーゼル車用のエンジンオイル規格は、日本ではJASO規格が主流です。JASOは日本自動車技術会規格によって定められており、国産のクリーンディーゼルエンジンにも対応しています。現在流通しているJASO規格のエンジンオイルは、2005年に制定された「DL-1」が主流です。

ガソリンエンジン用のエンジンオイルと同様に、APIやILSACの規格で表記されることもあります。ディーゼル車用のAPIの規格はイニシャルCで始まりますが、後ろのアルファベットが進むほど規格が新しく高性能になっていく点は共通です。

ILSAC規格は「GF-1」がAPIの「SH」に該当し、以降は数字が進むほど性能が上がっていきます。最新規格はAPI「SN」に該当する「GF-5」です。


      

エンジンオイルの交換を「する」メリットと「しない」デメリット

エンジンオイルは、エンジンの負担を抑える役割を担っており、車のコンディションを保つ効果があります。しかし、しっかりと効果を発揮するには定期的な交換が必要です。エンジンオイルを交換せずに放置していると、悪影響が出ることもあります。エンジンオイル交換の重要性を確認しておきましょう。

   

エンジンオイル交換を「する」メリット

     

適切なタイミングでエンジンオイル交換を行うと、下記のようなメリットがあります。交換時期だけでなく、車に合ったエンジンオイルを選ぶことも大切です。

     

・エンジンが長持ちする
・エンジン音も静かになり燃費も回復する
・走行性能が回復する

定期的なエンジンオイル交換は、車を長く維持するためにも必要なメンテナンスです。エンジンオイルには、清浄作用や潤滑作用でエンジンを守り、エンジン性能を維持します。エンジンオイル交換を行い、低下した機能を回復すれば、交換前よりも燃費や加速性能は改善されるでしょう。


   

エンジンオイル交換を「しない」デメリット

     

エンジンオイル交換を行わないと、エンジンに負担がかかり、下記のような不具合が起こる可能性があります。

     

・エンジンの故障につながる
・エンジン性能が低下して本来のスペックが発揮できなくなる
・エンジンパーツの異常摩耗や焼き付きの原因になる

エンジンオイルは時間経過や走行距離によって劣化するため、使用すると効果が下がり機能不全を起こします。エンジンへの負荷が強くなるので寿命が短くなり、パーツの摩耗や焼き付きといった故障の原因にもなります。

また、エネルギーロスが発生して、燃費や加速性能が低下するケースもあります。エンジンが不調と感じたら速やかに交換することを心掛けましょう。


   

ディーゼルエンジンは特にこまめな交換が必要

     

ディーゼル車は、燃料の軽油にエンジンオイルを酸化させる硫黄が含まれているため劣化が早いのが特徴です。ディーゼル車にはDPFというフィルターが搭載されている車があり、エンジンオイル交換を怠るとこのフィルターが目詰まりを起こす原因にもなります。

また、ディーゼルエンジンとターボ機構とは相性が良いため、ターボ付きディーゼル車が多数販売されています。ただし、ターボ付きの車はさらに交換時期がシビアです。ターボ機構が発する熱でエンジンオイルの酸化が促進されるため、より短いスパンでの交換が必要になります。


      

【ハイエース】エンジンオイル交換の方法と費用

エンジンオイルの交換方法は大きく分けて2種類あり、イエローハットでは上抜きという方法を推奨しています。交換の手順を把握しておくと、いざというときに自分で対処できるようになります。交換にかかる費用についても確認して、エンジンオイル交換についての知識を深めましょう。

エンジンオイルの交換方法

     

イエローハットが推奨する上抜きは、オイルストレーナーからエンジンオイルを抜く方法です。オイルストレーナーにオイルチェンジャーのホースを差して、ポンプで古いエンジンオイルを吸い出します。次に、オイルジョッキで新しいエンジンオイルを注入するのが基本的な流れです。

吸い出した古いエンジンオイルは紙などに吸わせると一般ゴミとして処理できますが、自治体によっては回収してもらえない場合がありますので確認してから処分しましょう。


  

ハイエースのエンジンオイル交換費用

     

エンジンオイル交換にかかる費用は、エンジンオイル代+交換工賃の合計で決まるのが基本です。主に使用するエンジンオイルによって費用に差が生まれます。

ハイエースは1度の交換で必要なエンジンオイル量が比較的多く、およそ5L~6.5L使用します。使用するエンジンオイルによってかかる費用の差が一般的な普通自動車よりも大きいので、エンジンオイル選びは慎重に行いましょう。

イエローハットの0W-20のMAGMAX全合成油を使用するとおおよそ8,000円~11,000円、MAGMAX部分合成油の場合は6,000円~7,500円ほどかかります。


  

費用を抑えるコツは「ベースオイル」

     

エンジンオイルはベースオイルと添加物で構成されており、主に使用しているベースオイルによって性能や価格が大きく変わります。ベースオイルは「全合成油」「鉱物油」「部分合成油」の3種類があり、用途やコストを考慮して選ぶことが大切です。

費用を抑えたいときは、ベースオイルに「鉱物油」を使用しているエンジンオイルを選びましょう。低コストですが、車の性能を維持するのに十分な性能を備えています。


  

エンジンオイル交換は自分でできる?

     

エンジンオイル交換は、必要な道具が揃っていればDIYで行うことも可能です。ただし、道具を揃えるのに初期費用がかかり、知識なしに行うとうまくいかないことも考えられます。後始末で行う廃油の処理も大変なので、よほど自信がない限りはお店に依頼したほうが無難でしょう。


ハイエースのような車はイエローハットに任せるのが1番!

ハイエースは長い歴史を持つ車種で、これまでさまざまなバリエーションが販売されてきました。車両やエンジンの仕様も豊富なため、詳しい知識がなければ適切なメンテナンスを行うのは難しい部分があります。さらに、ワンボックスという形から普通自動車のようにボンネットを開ければ内部構造が見える仕組みではありません。

イエローハットにはこれまで多くの車種を取り扱ってきた豊富な経験があり、その中にはハイエースも数多く含まれていいます。プロの手で費用やグレードに合わせた適切なエンジンオイルの選択から作業までを行いますので、安心してお任せください。


まとめ

ハイエースはさまざまな仕様が販売されており、車に合わせたエンジンオイル交換を行うことが大切です。エンジンの仕様や車両形式・年式などをチェックして、適切なエンジンオイルを選ぶことを心掛けましょう。

イエローハットはWEB予約をお申込みいただくと、お待ちいただくことなくすぐにエンジンオイル交換をご利用いただけます。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも簡単にお申込みいただけますので、エンジンオイル交換の際はぜひご利用ください。皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしています。