HOME > オイルコラム >車のエンジンオイル交換に必要な道具を徹底解説!

COLUMN

車のエンジンオイル交換に必要な道具を徹底解説!自分で交換する際の注意点も

エンジンオイル交換は車を所有しておられる方にとっては避けられないものです。特に初めてエンジンオイル交換を行う方は、そもそも自分でやるべきなのか、お店に任せるべきなのか迷ってしまうこともあるでしょう。

このコラムでは、そのような方に向け自分でエンジンオイル交換をする方法、そしてスピーディーかつ便利に利用できるイエローハットのエンジンオイル交換についてご紹介します。

車を快適に乗り続けたいなら定期的なエンジンオイル交換が必須

車を快適に乗り続けるためには定期的にエンジンオイル交換を行う必要があります。ここでは、エンジンオイル交換についての基礎知識を説明し、自分で交換するべきか、またはお店に頼むべきかを解説します。

エンジンオイル交換とは?

    

エンジンオイル交換とは、車を走らせるのに欠かせない機関であるエンジンの潤滑油を交換することを言います。エンジンオイルは、エンジン内部で部品同士の摩擦を防ぎ円滑に動かす作用や防錆作用、清浄作用などを果たし、エンジンを守る役割を担っています。

エンジンオイル交換をせずに走行を続けていると、スラッジと呼ばれる燃えカスがエンジン内部に蓄積していきます。エンジンオイルが汚れ、循環が滞るので、徐々に本来の役割が期待できなくなります。エンジンの出力低下やオーバーヒートが起きるだけでなく、最悪の場合は大きな故障につながりかねません。こうした事態を防ぐためにも、適切な時期にエンジンオイル交換することが重要なのです。


エンジンオイル交換時期の目安

    

エンジンオイルがエンジンをサポートする役目を充分に果たすためには、適切な交換時期を見極める必要があります。しかし、日頃からこまめにオイルレベルゲージをチェックしたり、整備工場に見てもらったりすることは大変です。

そこで、交換時期の目安を設けることをおすすめします。目安は、走行距離と期間との両面から考えていくと良いでしょう。エンジンオイルの種類により変わってきますが、イエローハットが推奨する交換時期の目安は、走行距離が3,000km~5,000km毎を過ぎるか、前回の交換から3ヶ月~6ヶ月が経過したときのいずれか早い時期です。

ただし、交換時期の目安は車の使用状況によっても変わってきます。街中での短時間の移動や坂道・高速走行などエンジンに負担がかかる使い方が多いのであれば、早めの交換が望ましいでしょう。また、エンジンオイルは自然劣化しますから、車に乗っていないからといって交換時期を遅らせることはおすすめできません。


自分で交換するか、お店に任せるか

    

エンジンオイルと必要な道具、そして正しい知識さえあれば自分でエンジンオイル交換することも可能です。初期費用はかかりますが、繰り返すほどにコストダウンの恩恵を受けられます。

一方で昨今、イエローハットを筆頭に、高品質のサービスを適正価格で実現するお店が増えてきています。自力で交換する手間と時間を考慮すれば、ほとんどの場合はお店に任せるのが良いでしょう。


自分でエンジンオイル交換するときにぜひ揃えたい道具をご紹介!

仮に、自分でエンジンオイル交換をすると決めた場合、道具を揃える必要があります。必要な道具は最低限揃えるようにしましょう。少しでも初期費用を抑えようと代用の道具を利用してしまうと、取り返しのつかない重大な事故につながるケースがあります。ご自身の安全を確保するためにも、専用の道具を一式揃えるようにしましょう。

すぐに用意できるものから特殊な工具までさまざまですが、イエローハットをはじめとするカー用品店やホームセンター、あるいはネット通販でも手に入れることが可能です。

エンジンオイル交換のやり方には、ボンネットを開けて上から吸引する上抜きと、車体底部に潜って排出する下抜きとの2種類があります。それぞれ順番に見ていきましょう。

上抜き・下抜きどちらでも使う道具

     

まずは上抜き・下抜きどちらのやり方でも使う道具をご紹介します。

     

・じょうご・オイルジョッキ
新しいエンジンオイルを入れる際に使用します。エンジンオイルの注ぎ口は広くないため、こぼさず入れるためには必携の道具です。

     

・オイル処理パック
古くなったエンジンオイルを処理するための箱です。廃油をそのまま捨てることはできないので、オイル処理パックを準備する必要があります。廃油を処理する際には、費用が発生する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

     

・パーツクリーナー
エンジンオイル交換の際に、工具や周辺のパーツに付着したエンジンオイルを除去するために使います。また、下抜きでは、エンジンオイル注入後にドレンボルト周辺を清掃してオイル漏れがないか確認する必要があります。パーツクリーナーで清掃して、元々付いていたエンジンオイルなのか、交換後のオイル漏れなのかを見極めることが大切です。

     

・汚れてもよい服装やウエス
エンジンオイル交換の作業では、さまざまなパーツに触れたり、下抜きでは車の下に潜ったりもしなければなりません。また、エンジンオイルが服に付くと、シミになって簡単には取れなくなります。したがって、汚れても良い服装で作業しましょう。
さらに、エンジンオイルを拭いたり汚れを取り除いたりするウエスはもちろん、耐油性がある手袋があると安心です。


上抜きで使う道具

    

続いて、上抜きで使う道具をご紹介します。

     

・オイルチェンジャー
オイルチェンジャーは古くなったエンジンオイルを吸い出すのに使うため、上抜きでは欠かせない道具です。オイルレベルゲージの穴にホースを差し込んで使います。ゲージ穴のサイズにより、使えるホースのサイズも変わるため、事前に確認が必要です。
オイルチェンジャーには、手軽な手動式から作業が楽にできる電動式、またコンプレッサーにつないだエア駆動と手動を使い分けできるタイプなど、動力源により種類がいくつかあります。予想される作業状況や予算との兼ね合いで、ふさわしいと思われるものを選びましょう。


下抜きで使う道具

    

ここからは、下抜きで使う道具をご紹介します。下抜きでのエンジンオイル交換は、上抜きに比べオイル漏れを引き起こしやすく、作業に危険が伴うので、忘れずに準備しておきましょう。

     

・車用ジャッキ
車体を持ち上げるためには、車用ジャッキが欠かせません。ジャッキにはさまざまな種類があります。また、ジャッキはタイヤ交換でも使用できます。車高や耐荷重に合わせたタイプを選びましょう。

     

・パンタジャッキ
一般的なタイプのジャッキで、安価で手に入ります。軽量でコンパクトなので取り扱いがしやすく、保管場所にも困らないでしょう。ただ、自分でハンドルをクルクルと回さなければいけないので、作業に手間がかかることが難点です。

     

・シザーズジャッキ
パンタジャッキのコンパクトさと、油圧式ジャッキのパワーを兼ね備えたタイプです。軽量・コンパクトな分、最大荷重は低く、大型車や重い車には不向きです。

     

・フロアジャッキ
最大荷重が高く、重い車でも楽に持ち上げることができます。耐久性にも優れますが、重量があるので、持ち運びにやや不便なことがデメリットです。

     

・リジットラック(ウマ)
ジャッキで持ち上げた車の落下に備えるための道具です。三つ足・四つ足タイプがあり、最大高や耐荷重も異なるので確認が必要です。ジャッキとセットで購入するとよいでしょう。

     

・スパナやレンチ類
エンジンオイルを抜くときには、ドレンボルトというねじを外します。スパナでも代用可能ですが、ねじ山をなめてしまう危険性が高いので、めがねレンチの使用をおすすめします。ドレンボルトにはいくつものサイズがあり、また形や太さもさまざまですから、自分の車種で使える工具を揃える必要があります。

     

・ドレンボルトの交換用ワッシャー
ワッシャーは、ドレンボルトとエンジンオイルの受け皿であるオイルパンとの間に挟みこまれることで、エンジンオイルの漏れを防ぐ役割を担っています。ワッシャーは消耗品なので、再利用するとワッシャーの隙間からエンジンオイルが漏れてしまいます。エンジンオイル交換時に必ず、ドレンボルトのサイズに合った新品のものに交換しましょう。


自分でエンジンオイル交換するときの注意しておきたいポイント

ご自身でエンジンオイル交換を行う際は、いくつか注意点があります。注意点をおさえておかないと、思わぬトラブルを招く恐れがあるため、ひとつひとつ確認しておきましょう。

作業に慣れてないと時間がかかりがち

    

エンジンオイル交換は、車のもっとも重要な機能であるエンジンの動きに直接関わるメンテナンスです。自力でエンジンオイル交換を行う際は細心の注意を払いながら交換作業を行う必要があります。このため、慣れない作業で時間がかかり、思うように交換作業を進めることができない可能性があります。DIYはお店に任せない分費用を節約できますが、余分な時間がかかってしまっては元も子もないでしょう。


交換作業中の怪我に気をつける

    

エンジンオイルは温度が上昇すると柔らかくなる性質があるため、エンジンオイル交換の作業を開始する前にエンジンを稼働させ、エンジンオイルを温めて柔らかくし、吸出しやすくするのが一般的です。しかし、エンジンオイルの温度が高ければ火傷してしまう恐れがあるため、皮膚に付着しないように細心の注意を払いましょう。

    

また、エンジンオイル交換ではさまざまな道具を使用するため、不慣れな作業によって怪我をしたり、車の部品を傷めたりする可能性もあります。


廃油の処理を適切に

    

現在は廃油の処理方法についてルールが定められているため、自治体の指示に必ず従う必要があります。

    

また、廃油は適切な処理をすることで再利用が可能です。例えば、不純物を分離することでリサイクルオイルの原料となったり、発電所や廃油ストーブの燃料となったりするため、自治体や回収先の指示を守るようにしましょう。

    

もしエンジンオイル交換中にエンジンオイルをこぼしてしまった場合は、エンジンオイルを吸着させた方法で処分方法が異なります。紙類やおがくずで吸着した場合は可燃ごみ、砂や土は産業廃棄物となります。なお、砂や土は廃油と同じ産業廃棄物の扱いですが、廃油として処分することはできないため、別途業者に処分を依頼する必要があります。


イエローハットでのエンジンオイル交換をおすすめする理由

安全かつスピーディーなエンジンオイル交換は、車の整備に関する高度な知識と技術を有するイエローハットのスタッフに任せるのが安心です。イエローハットに依頼すれば作業時間は約15分程度で完了します。また、走行する環境や性能に合った車に最適なエンジンオイルを選んでくれるので、車本来の性能が発揮できます。

エンジンオイル交換を短時間で終わらせたい、店舗での待ち時間をなくしたいと考えている方は、イエローハットのWEB予約を利用してみてはいかがでしょうか。パソコンやスマートフォンから24時間予約ができるので、当日にわざわざ店舗でエンジンオイル交換が可能か聞く必要がありません。無料会員になれば過去の予約履歴もチェックできますので、適切なエンジンオイル交換の時期が把握しやすくなります。


まとめ

エンジンオイル交換は、快適に車を乗り続けるために必要な作業です。DIYでエンジンオイル交換をすることも可能ですが、作業に時間がかかる、道具を揃えるのに初期費用がかかるといったデメリットもあります。

DIYでのエンジンオイル交換に不安を感じておられる方、効率性を重視したい方は車整備のプロフェッショナルが在籍するイエローハットにご相談ください。イエローハットは工賃の安さも魅力です。交換工賃は500円(+税)から対応しており、クレジット&ポイントカードやオイル&ポイントカードを活用すれば交換工賃が無料になります。24時間WEBから予約を受け付けていますので、お待たせすることもありません。
エンジンオイル交換はぜひイエローハットにお任せください。