HOME > オイルコラム >エンジンオイル交換で使うドレンボルトとは?

COLUMN

エンジンオイル交換で使うドレンボルトとは?一緒に使う道具と使用する際のポイント

車にはさまざまな部品が使用されており、その中の一つに「ドレンボルト」があります。車体下部にある、目立ちづらい小さな部品ですが、ドレンボルトを正しく扱うことは大切です。

このコラムでは、ドレンボルトについての解説とともに、ドレンボルトと密接に関わるエンジンオイル交換について紹介・解説します。

ドレンボルトとは

車のエンジンオイル交換には「上抜き」「下抜き」という2種類の方法が用いられます。このうち「下抜き」と呼ばれる方法では、エンジンオイルを溜めるオイルパン下部に付いている「ドレンボルト」からエンジンオイルを抜きます。小さな部品ですが、エンジンオイルの栓となる大切な部品のため、サイズの合ったドレンボルトを適切に扱う必要があります。

ドレンボルトを使用する場所

    

ドレンボルトは車の底部、オイルパンに付いているボルトです。オイルパンからエンジンオイル漏れを防止する栓の役割があり、エンジンオイル交換時にドレンボルトを外して古いエンジンオイルを抜けるようになっています。


ドレンボルトの大きさ

    

ドレンボルトの大きさはメーカー・車種などにより異なります。大きさが合わないドレンボルトの使用はオイル漏れ・オイルパン破損などの問題を引き起こす恐れがあるため、純正のドレンボルト以外を使用する際には必ずサイズを確認する必要があります。


ドレンボルトと一緒にエンジンオイル交換で使う道具

ドレンボルトを付け外しする場合、車体を持ち上げるジャッキや、ドレンボルトとオイルパンの間に挟むドレンワッシャなどの部品が必要になります。快適なドライブのため、そして身の安全のためにも、エンジンオイル交換の際には必要な道具類を必ず揃えて適切に扱いましょう。

ドレンワッシャ

     

ドレンボルトと一緒に取り付けてオイルパンとの間に挟み、エンジンオイルが漏れないように塞ぐ部品です。「ドレンカスケット」や「ドレンパッキン」などとも呼ばれるもので、ドレンボルトを締めたときにドレンワッシャがある程度潰されて隙間を埋めます。

     

ドレンワッシャは何度も使うことはできません。一度使ったドレンワッシャは潰れて硬くなっているため、また潰して隙間を埋めることはできずオイル漏れの原因になってしまいます。また、硬いドレンワッシャを押し付けることでオイルパンがゆがんでしまう危険もあります。ドレンボルトのバリエーションにはドレンワッシャと一体化しているタイプもあり、この場合はドレンボルトごと新しいものに取り換える必要があります。


トルクレンチ

    

ネジなどを締め付ける力を測定して適正な力で締め付けられる道具です。ドレンボルトを付けるオイルパンは柔らかいアルミニウムでできている場合もあり、ドレンボルトを強く締め過ぎるとオイルパンが変形してしまいます。逆に弱過ぎればオイル漏れにつながるため、適正な強さで締め付けるためにはトルクレンチがあると便利です。締め付ける強さはメーカー・車種によって変わるため事前に調べておく必要があります。


ジャッキ

    

車体を持ち上げる道具です。エンジンオイルを下抜き作業で抜く場合は車体の下で作業する必要があるためジャッキを使用します。浮かせた車体の下からドレンボルトを外して古いエンジンオイルを抜き、ドレンワッシャを交換してドレンボルトを締め直します。
ジャッキを使う際には十分な注意が必要です。平らな場所でタイヤ止めを使いタイヤを固定して、ジャッキアップ後にリジットラックに載せてから作業を始めましょう。


エンジンオイル交換でドレンボルトを使用する際のポイント

下抜き作業でエンジンオイル交換を行うときには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。目視確認の必要性や締め具合など、ドレンボルトを扱う際に知っておくべきこと、知っておくと得することをご紹介します。

手探りで扱わず目視で確認する

    

ドレンボルトを脱着する際には、必ず状態を目で直接確認するようにします。ボルトの位置を正確に把握せずに手探りでレンチを当てようとすると、ドレンボルトがまっすぐはまらない、レンチがずれてドレンボルトを傷める、工具が外れてけがをする、など多くの問題や危険があります。安全・確実にエンジンオイルを交換するために、必ずドレンボルトの目視確認を行いましょう。


強く締め過ぎない

    

ドレンボルトの締まりが緩いとエンジンオイルが漏れてしまいますが、あまり強く締め過ぎてもいけません。
多くの場合、ドレンボルトは鉄などでできている一方で、オイルパンは変形しやすいため、ドレンボルトを強く締め過ぎるとオイルパンに大きな圧力がかかり、ネジ山の破損やオイルパン自体の変形などトラブルの原因となります。実際にはドレンボルトとオイルパンの間に鉄や銅などで作られているドレンワッシャを挟みますが、なるべくトルクレンチを使い的確な強さで締めるようにしましょう。


エンジンオイル交換後に漏れをチェックする

    

エンジンオイル交換終了後には漏れを確認します。止まっている時点で漏れていなかったとしても、エンジンを動かして実際に走り出すとわずかな隙間から漏れ出す可能性があります。エンジンオイル漏れを直さずに放っておくと地面が汚れるだけでなく、エンジンオイル量不足により、エンジンの不調や破損につながる恐れもあるため、漏れの確認が欠かせません。
漏れているかをわかりやすくするために、ドレンボルトを外したときにエンジンオイルの汚れをパーツクリーナーできれいにしておくことをおすすめします。


エンジンオイル交換の流れ

エンジンオイル交換の方法は主に上抜きと下抜きの2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、状況や環境に応じて使い分けられることが理想です。

上抜き

    

エンジン上部からエンジンオイルを抜き取る方法が上抜きです。エンジン下部にあるドレンボルトを外す必要がなく、下抜きと比べて楽に作業できるメリットがあります。一方で、車種によっては上抜きが利用できない可能性があります。

    

・上抜きの方法
上抜きではドレンボルトを外さず、オイルレベルゲージが刺さっていた所からホースを差し込んでエンジンオイルを抜きます。
エンジンオイル交換を行う前に、あらかじめ数分ほどエンジンをかけてエンジンオイルを温めます。冷えているエンジンオイルは粘度が硬く、特に上抜きではエンジンオイルを抜きづらくなってしまうためです。

エンジンオイルが温まった頃合いをみて、オイルレベルゲージが刺さっていた所にオイルチェンジャーノズルを差し込みます。なるべく奥まで届かせるとより多くのエンジンオイルを抜くことができます。また、ノズルが熱で溶けないように、エンジンを切ってから15分ほど空けて差し込みましょう。オイルチェンジャーでエンジンオイルを抜き取り、必要に応じてオイルフィルターを交換して新しいエンジンオイルを入れます。

    

・上抜きに必要な道具
上抜きではドレンボルトを触らないため、レンチやジャッキなどは使用しません。上抜き用の道具として、エンジンオイルを吸い上げるオイルチェンジャーが挙げられます。また、オイルフィルターを交換する場合は、フィルター内から垂れてくるエンジンオイルを受ける皿も必要です。
オイルチェンジャーの動力には手動・電動・エアーの3種類があります。手動は場所を問わず使用できる点、電動とエアーは簡単にエンジンオイルを抜き取れる点が魅力です。


下抜き

    

ドレンボルトを外してエンジン下部からエンジンオイルを抜き取る方法が下抜きです。同時に車体下部の点検も可能な点などがメリットです。一方、ドレンボルトを外すためにジャッキや新しいドレンワッシャなどが必要になる点がデメリットになります。

    

・下抜きの方法
ドレンボルトを外すために車体をジャッキアップしますが、まずはタイヤ止めでタイヤを固定する必要があります。車体が勝手に動いて怪我をする危険があるため、必ず固定しておきましょう。固定後は車体をジャッキで持ち上げて、安全確保のためにジャッキをリジットラックに載せます。

タイヤ止めとリジットラックで車体を固定したら、車体下に潜ってドレンボルトを外します。エンジンオイルが手にかかる可能性があり、特に走行直後のエンジンオイルは非常に熱いため、火傷しないよう耐油性ゴム手袋の着用がおすすめです。ドレンボルトを手で回せるほど緩めたら、一気にドレンボルトを外してエンジンオイルを廃油パックで受け止めます。エンジンオイルがほぼ出なくなったらドレンワッシャを新しいものに交換してドレンボルトをもう一度取り付けます。ドレンボルトの締め付けが緩いとエンジンオイル漏れにつながりますが、強過ぎてもオイルパンが変形してしまう恐れがあります。トルクレンチで適切な力を維持して締め付ける必要があります。

    

・下抜きに必要な道具
上抜きでは触らないドレンボルトを扱うため、下抜きならではの道具が複数あります。ドレンボルトを付け外しするためのトルクレンチ、エンジンオイル漏れを防止するドレンワッシャ、車体を持ち上げて固定するジャッキやリジットラックなどが主な道具です。


エンジンオイル交換ならイエローハットがおすすめ

エンジンオイル交換を難しいと感じたり、ご自身で実施するには少々面倒に思ったりする方もいるでしょう。多くの工具が必要になるため金銭面でのハードルもあります。エンジンオイル交換を依頼したいという方は、高いノウハウを持つ、イエローハットにぜひお任せください。

イエローハットは、全国約700店舗を展開している地域密着のカー用品店であり、電話・インターネットでのエンジンオイル交換予約を受け付けています。実作業も15分程で完了するため、お気軽にご利用いただくことが可能です。さらにクレジット&ポイントカード・オイル&ポイントカード会員に登録していただければ、エンジンオイルやフィルターの交換工賃も無料で請け負っています。

まとめ

オイルパンの栓であるドレンボルトはオイル漏れを防ぐ重要な部品です。ドレンボルトはエンジンオイルを下抜きする際に取り外し、同時にドレンワッシャやジャッキなども併用する必要があります。エンジンオイル漏れやオイルパン変形などの問題を防ぐためにも正しい使い方を守り、好調なエンジンで快適なドライブを楽しみましょう。