HOME > オイルコラム > オイル交換は何キロごとにすべき?

COLUMN

オイル交換は何キロごとにすべき?交換に適したタイミングは?

エンジンオイルの交換は、エンジン性能を維持し続けるためにも重要な要素です。しかし、何キロ程度を目安に交換すればよいかわからないと悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、オイル交換が必要な走行距離の目安について詳しく解説します。エンジンオイルの役割が分かれば、オイル交換の必要性も理解できるでしょう。交換しないまま乗り続けるリスクもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

オイル交換が必要な走行距離は何キロごと?

オイル交換の適切なタイミングとして挙げられる目安のひとつは、走行距離3,000km~5,000kmです。前回のオイル交換から3,000km以上走行している場合は、オイル交換を検討したほうがよいでしょう。

走行距離が長くなればなるほど、エンジンオイルが劣化してエンジンへの負担が増します。汚れが蓄積したり量が減ったりすることで本来の効果が発揮できなくなるためです。すでに5,000km以上走行している場合、一度エンジンオイルの状態を確認することをおすすめします。

ただし、走行距離のみが判断基準となるわけではありません。一般的にいわれる基準を超える前に交換が必要なケースもあるので、あくまでもひとつの目安として覚えておきましょう。


走行距離以外のオイル交換の目安は?

オイル交換のタイミングは、走行距離以外の目安も覚えておきましょう。自動車メーカーが推奨している頻度や、前回交換してからの経過日数も目安となります。また、環境によっては早めの交換が必要なケースがあるため、複数の観点から見極めなければなりません。ここでは、オイル交換時期の目安を3つご紹介します。

自動車メーカー推奨の交換時期

走行距離のみで判断するのが不安な方は、自動車メーカーが推奨する交換時期を参考にするのがおすすめです。具体的な交換時期は自動車メーカーの公式サイトで確認しましょう。

ただし、自動車メーカーが推奨する時期とディーラーやカー用品店がすすめるタイミングには差が出るケースもあります。メーカーは各車両のモデルやグレードのスペックに合わせて交換時期を推奨しているため、車両の最高のコンディションを保つことが目的のディーラーやカー用品店とは考え方が異なる点に注意しなければなりません。

運転の仕方や環境によって適切な時期は変わりますが、判断できない場合は自動車メーカー推奨のタイミングを参考にするのもひとつの方法です。エンジンオイルの状態に合わせて交換したい方は、イエローハットにご相談ください。


前回交換してからの経過日数

「どのくらい使用しているか」を基準とする場合、前回のオイル交換から3ヶ月~6ヶ月での交換が推奨されています。ただし、走行距離が5,000kmをオーバーしているなら、3ヶ月以内でも交換を検討したほうがいいでしょう。

走行距離が短いと、交換しないという判断をする方もおられるかもしれません。しかし走行距離が3,000km以下でも長期間使用しているのであれば交換するのが賢明です。走行距離と使用期間のどちらか早いほうで交換しましょう。

また、エンジンオイルはエンジンを稼働させなくとも酸化が進みます。さびや劣化の原因となるため、乗っていないことを理由にオイル交換を怠らないことが大切です。


走行する環境

車が走る環境は、エンジンオイルの劣化速度に関わる要素です。普段どのような場所で運転する機会が多いかを考えながら、走行距離とは別の観点で交換時期を見極めましょう。

たとえば、舗装が十分でなく凹凸の激しい道路はエンジンにやさしいとはいえません。フラットな道路に比べるとエンジンへの負担が大きく、エンジンオイルの劣化や消耗にも影響します。また、山道のようなカーブや坂道が多いエリアも注意が必要です。

真っすぐで平坦な舗装された道路を走行する機会が少ない方は、定期的にオイルをチェックすることが重要といえます。どのくらいのタイミングで交換するのが適切か、判断に困った場合は、イエローハットにご相談ください。


    めったに車に乗らない場合のオイル交換のタイミング

    運転する機会が多いほどエンジンオイルの劣化は進みやすいものの、長期間乗っていないなら交換しなくてもよいというわけではありません。2年に一度の車検のときにのみオイル交換を行う方もおられるようですが、基本的には走行距離や経過日数を目安に考える必要があります。

    走行距離が極端に短い場合、3ヶ月~6ヶ月を目安にしましょう。乗っていないのにもかかわらず頻繁に交換するのはもったいないと感じるかもしれませんが、車のパフォーマンスを維持するために必要な作業です。

    運転する頻度が少なく一度の走行距離が短い場合にも、オイルの劣化が進みやすいといわれています。反対に、1年間2万kmなど長距離走行にも注意が必要です。実際に運転した時間ではなく、エンジンにどのくらい負荷がかかっているかを重視して交換時期を見極めましょう。


    エンジンオイルの交換時期を早めたほうがいいケース

    エンジンにかかる負荷が大きいほど、エンジンオイルの劣化も早くなる傾向があります。日常的に運転するエリアが以下の環境にあてはまる場合、早めに交換したほうがよいでしょう。

  • 急勾配の坂道を走る機会が多い
  • 高速道路を長時間走行している
  • 信号が多いエリアで、停止と発進を頻繁に行う
  • 一度に運転する距離が極端に短い
  • 細かい砂やほこりが多い場所を走行する

上記の環境は、いずれもエンジンに負担がかかりやすい走行環境です。すべてのケースが劣化につながるわけではないものの、一般的な道路を走行する場合に比べると注意したほうがよいでしょう。


エンジンオイルの役割とは?

エンジンオイルには、エンジンを正常に作動させるための役割が主に5つあります。以下の作用と働きを理解し、エンジンオイルの重要性を把握しましょう。

  • 潤滑作用:エンジン内の部品の摩擦を抑制。
  • 密封作用:ガスの吹き抜けを防ぐ働き。
  • 冷却作用:エンジンから発生する熱を吸収して冷却。
  • 清浄作用:稼働中に発生したカーボン、スラッジ、酸化物を取り込む。
  • 防錆作用:金属のさびを防止。
  • 古いエンジンオイルを長期間使い続けると、本来の効果を発揮できずエンジンの故障につながる恐れがあります。エンジン単体では解決できないトラブルを防止する役割を担っているともいえるでしょう。


    エンジンオイルを交換しないと起こるリスク

    エンジンオイルの役割や交換の重要性は理解したものの、オイル交換をせずに劣化したまま放置するとどうなるのか、イメージできない方もおられるのではないでしょうか。ここでは、オイル交換を怠った際のリスクを3つご紹介します。

    燃費低下のリスク

    エンジンオイルの劣化によるリスクのひとつが、燃費の低下です。エンジンオイルの役割のうち、以下の作用が低下することで燃費に影響がでます。

          
    • 潤滑作用の低下:摩擦抵抗が増える
    • 冷却作用の低下:エンジン内部に熱が発生しやすくなる
    • 密封作用の低下:出力が落ちる

    エンジンを効率的に動かせなくなると燃料の消費量が増えるため、本来の燃費性能を発揮できません。燃費の低下はほかの要因が関係している場合もありますが、交換時期の目安を過ぎているならエンジンオイルの劣化を疑いましょう。気付きにくい部分なので、オイル交換の時期や燃費について普段から意識することが大切です。

    エンジンの異音や騒音のリスク

    エンジン内部の部品は、エンジンオイルが潤滑の役割を果たすことでスムーズに動きます。しかしエンジンオイルに汚れが蓄積したり量が不足したりすると、潤滑作用を十分に発揮できません。

    潤滑作用が衰えると部品同士の摩擦が大きくなり、エンジンを稼働させたときに異音が発生するリスクにつながります。エンジンをかけた直後から異音が聞こえる場合、エンジンオイルの劣化や量が減っていることを疑いましょう。

    軽度であれば気付かないケースもありますが、放置するとさらなるトラブルを招くこともあるので、早めに交換したほうが賢明です。

    エンジン交換のリスク

    エンジンオイルの汚れが蓄積した状態や量が不足したまま車に乗り続けると、最終的にエンジンが焼き付いて動かなくなります。摩擦による抵抗が強くなり、部品同士が癒着して回転できなくなるためです。

    エンジンが焼き付いた場合、エンジン自体を交換しなければなりません。車種やエンジンの種類によって価格は異なりますが、工賃だけでも10万円以上かかる場合がほとんどです。さらにエンジン本体の費用も必要なため、オイル交換に比べると多額のコストがかかってしまいます。

    日常的に車を利用する方は、車がないことが精神的にも金銭的にも負担になるでしょう。普段の生活や仕事に影響を及ぼすかもしれません。定期的なオイル交換やメンテナンスは、日常生活を守るために重要な作業といえます。


    オイル交換ならイエローハットがおすすめ!

    必要な道具とエンジンオイルがあれば自分でオイル交換をすることも可能ですが、故障や怪我のリスクを考えると、イエローハットでの交換をおすすめします。豊富な経験と知識があるプロの手によりスムーズに交換させていただきます。オイル交換の時期が迫っている方は、ぜひイエローハットにお任せください。

    イエローハットでは、インターネットサイトからオイル交換の申し込みが可能です。無料で会員登録をしたあと、希望の店舗や日時を指定して予約に進みます。会員になれば過去の作業予約履歴や予約状況もチェックできるので、便利にご利用いただけます。あらかじめご予約の上ご来店いただくと、待ち時間を短縮できます。


    まとめ

    オイル交換の時期は複数の要素を考慮した上で見極めなければなりません。走行距離3,000km~5,000kmをひとつの目安とし、ほかの基準もふまえながら車に合ったタイミングで交換しましょう。

    エンジンオイルを長期間使用するとさまざまなトラブルを招く恐れがあるので、定期的に状態をチェックできると安心です。オイル交換を予定している方は、ぜひこの機会にイエローハットのインターネット予約をご活用ください。