HOME > オイルコラム > エンジンオイル交換のやりすぎはよくない?

COLUMN

エンジンオイル交換のやりすぎはよくない?適切な交換時期について解説します

車のエンジンオイルは、車を動かすうえで重要なアイテムのひとつです。定期的にエンジンオイル交換をしなければ、車の動作に支障が出る場合もあります。しかし、車の性能を重視するがために、エンジンオイル交換の間隔が短すぎるのではないかと気になる方もおられるのではないでしょうか。

そこでこのコラムでは、エンジンオイル交換の適切な時期について詳しくご説明します。車に悪影響を与えないよう、正しいタイミングで適切なメンテナンスをおこなって安全なカーライフを送りましょう。

なぜエンジンオイル交換をしないといけないの?

エンジンオイル交換が車にとって重要なことだとは知っていても、なぜエンジンオイル交換が必要なのか知らない方もおられるのではないでしょうか。エンジンオイル交換の意味を理解していなければ、交換を頻繁にしすぎたり、交換の間隔が長かったりすることもあります。交換をする意味について知ることで、適切な頻度を守る必要性を理解しましょう。

エンジンオイルの役割とは

エンジンオイルとは、エンジンの中に入っているオイルのことです。エンジンオイルには、「潤滑」「密封」「防錆」「冷却」「清浄」という5つの役割があります。

潤滑 エンジンのパーツをスムーズに動かせるようにする役割です。
密封 シリンダーとピストンの間のわずかな隙間をオイルで埋めて密閉率を上げることで、
効率よく動力を作る働きをフォローしています。
防錆 エンジンのパーツが錆びつくことを防ぐ役割です。
冷却 車の動力を作る際に行うピストン運動によって高温になったエンジンを冷却する役割もあります。
清浄 エンジン内で起こった摩擦やピストン運動などで生じた汚れを分散し、特定の場所に溜まらないようにする役割です。

エンジンオイル交換をしないとどうなる?

エンジンオイルの交換をしないままでいるとどうなるのか気になる方もおられるのではないでしょうか。エンジンオイルの交換をせずに車を走らせると、エンジンの故障へとつながります。まず、エンジンオイルを長期間使い続けていると、劣化が進んで燃費が悪くなります。これは劣化によって清浄や密封などの役割が果たせなくなることが原因です。

さらに劣化が進むとエンジンオイルの粘度が失われてきます。エンジンオイルの粘度が下がるとエンジンの保護効果が低くなり、エンジンの部品に摩擦が起こりはじめます。エンジンオイルの劣化が最終段階になると、エンジンオイルの漏れやエンジン内部の部品に深刻なダメージが起こり、最終的にはエンジンが止まってしまう場合があります。


エンジンオイル交換のやりすぎはよくないのか

エンジンオイル交換は、快適なカーライフに欠かせないメンテナンスです。そのため、エンジンオイルの劣化が引き起こす故障が気になり、早めに交換を行おうとする方もおられるでしょう。

「エンジンオイル交換をやりすぎると、かえって車に不具合が出てしまうことはないのか」と疑問に思う方もおられるのではないでしょうか。ここでは、エンジンオイル交換の頻度が高い場合に起こる車の変化についてご紹介します。

早めの交換をしても問題ない?

エンジンオイルを早めに交換すること自体に問題はありません。エンジンオイルには、エンジン内部の清浄効果があります。車を走行させれば、エンジンオイルは汚れるので、早めに交換することによるトラブルは特にないと考えてよいでしょう。

エンジンオイル交換時期は、車によってそれぞれ異なります。車の乗り方によっては、エンジンオイルの汚れ具合の進行が早くなる場合もあるでしょう。

ガソリンスタンドなどでの無料点検や、車のメンテナンスの際にエンジンオイル交換をすすめられることはありませんか。これはプロの目から見て、エンジンオイル交換が必要な状況になっていると考えられます。予定していたタイミングより早くても、交換の検討をしてもよいでしょう。


スペックが異なるエンジンオイルを使っても問題ない?

エンジンオイル交換の作業自体は、ある程度の知識があれば自分でもできる作業です。カー用品店で気になったエンジンオイルを購入し、自分で交換をする方もおられるのではないでしょうか。

本来エンジンオイルは、エンジンに適したスペックのオイルが使用されています。通常の使用なら、同等スペックのエンジンオイルを選びましょう。

異なるスペックのエンジンオイルを使用すると、運転のフィーリングが変わることがあります。これまで使っていたエンジンオイルよりも粘度の高い物に交換した場合、エンジンオイルの抵抗が増え、燃費が悪くなることもあるようです。

また、エンジンオイルには品質を保つための添加物が配合されています。自動車メーカーに指定されたグレード以下のエンジンオイルを使うと品質が保てなくなり、エンジンオイルの性能が落ちてしまう可能性もあるでしょう。きちんと車に適したエンジンオイルを使用することが大切です。


適切なエンジンオイル交換時期の目安は?

エンジンオイルは、普段車を運転するうえで注目することが少ない部分だといえます。エンジンオイルの交換時期が過ぎていることに気づかない方もおられるのではないでしょうか。エンジンオイルの交換時期は、車に搭載しているエンジンの種類によって、大まかに決まっています。交換の時期を把握して、タイミングを逃さないよう心掛けましょう。

ガソリン車の場合

イエローハットでは、ガソリンエンジンを搭載している車の場合、走行距離3,000km~5,000km毎もしくは3ヶ月~6ヶ月毎を推奨しています。ただし、走行距離や車の使い方などによって、エンジンオイルの交換時期は異なります。

通常よりも短期間で長距離を走行している場合は、期間ではなく走行距離を目安にしてエンジンオイルを交換することをおすすめします。自分が確認しやすい、あるいはカーライフスタイルの合っているほうで交換をおこないましょう。


ターボ車の場合

ターボエンジン車も、ガソリンエンジンの一種です。エンジンオイルを交換する時期の目安は、走行距離3,000km~5,000km毎もしくは3ヶ月~6ヶ月毎だといわれています。ただし、これらの目安は、ターボエンジンを搭載した車を一般的に想定できる使い方をした場合なので注意しましょう。

ターボエンジン車を所有している方の中には、サーキット走行を楽しんでいる方もおられるのではないでしょうか。ターボエンジン車でサーキットコースを走る場合、エンジンオイルの交換の目安は1レース毎だともいわれています。また、高速道路の利用が多い方は、走行距離3,000km毎に交換するとよいでしょう。


エンジンオイルの交換時期に影響するシビアコンディションとは

エンジンオイルの交換時期には、車の使用状況が関係するといわれています。シビアコンディションとは、車を製造・販売している各自動車メーカーが定めた使用状況の分類のひとつです。ここでは、自分の車がシビアコンディションかどうか、自己判断するための判断基準などをご説明します。

シビアコンディションとは何か

「シビア」と名前についているとおり、車が「過酷」な使われ方をしている環境がシビアコンディションです。車に付属しているメンテナンスノートで確認が可能です。

もしも、自分の車の乗り方がシビアコンディションに該当していた場合、車のエンジンなどに大きな負荷がかかっているでしょう。エンジンに負荷がかかればエンジンオイルの汚れや劣化も早くなります。エンジンオイルの交換時期を早めにするなどの対処が必要です。


シビアコンディションの判断基準

自分の車の乗り方がシビアコンディションに該当するのか、気になる方もおられるのではないでしょうか。シビアコンディションに該当する項目の設定は、各自動車メーカーによって異なります。今回は例としてトヨタ車のシビアコンディションを見ていきましょう。

走行距離の30%以上を
悪路走行が占める
悪路とは、雪道や砂利道、デコボコとした道路や未舗装道路などのことです。
過走行をしている 一般的に、1年で2万kmは過走行だと判断されます。
アップダウンの激しい
道路の走行が多い
登坂走行などが原因で、走行距離に対してブレーキの使用頻度が30%以上に該当する場合です。
短距離運転を
繰り返している
短距離運転とは、走行距離が1回あたり7km~8km以下のことをいいます。
アイドリング
時間が長い
目安は、1日の走行距離の中で、エンジンをかけっぱなしにしている時間が合計2時間ほどある場合です。
低速域で走行する
頻度が高い
(ガソリン車の場合)
1日の走行距離のうち、30km程度の距離を時速10~15kmで走行していると該当します。

エンジンオイルの状態が気になるならフラッシングという手もある

エンジン内部には、エンジンオイルの交換では落としきれないこびりついた頑固な汚れが残ってしまう場合もあります。エンジン内部の汚れは徹底的に落とさないと気が済まないという方もおられるのではないでしょうか。そのような方におすすめしたいのが、エンジンフラッシングです。

エンジンフラッシングは、エンジン内部の頑固な汚れを専用の機械やエンジンオイル添加剤を使用して、きれいに洗浄することをいいます。イエローハットのエンジンフラッシングの作業時間と作業工賃は次のとおりです。

・機械式エンジンフラッシング

作業時間 30分~
作業工賃 6,000円(+税)~

・エンジン内部清掃 エンジンクリア(エンジンオイル添加剤を使用したエンジンフラッシング)

作業時間 5分~
作業工賃 2,800円(+税)~

機械式エンジンフラッシングは、走行距離1万kmもしくは、1年毎の実施がおすすめします。機械を使用するので頻繁に行うと、エンジンがダメージを受ける可能性があるので適切な頻度を心がけましょう。


エンジンオイル交換にかかる費用や時間の目安は?

エンジンオイル交換は、定期的に行わなければならないメンテナンスのひとつです。定期的に行ったほうがよいオイル関連のメンテナンスは、エンジンオイル交換とエンジンフラッシングと合わせて、合計8項目あります。イエローハットで実施しているオイル関連のメンテナンスにかかる作業工賃や作業時間は以下の通りです。

エンジン
オイル交換
・作業時間15分~
・作業工賃500円(+税)~
イエローハット「クレジット&ポイントカード」
「オイル&ポイントカード」会員様は作業工賃が無料です。
オイル
フィルター交換
・作業時間15分~
・作業工賃700円(+税)~
イエローハット「クレジット&ポイントカード」
「オイル&ポイントカード」会員様は作業工賃が無料です。
オートマチック
フルード交換
・作業時間10分~
・作業工賃3,000円(+税)~
マニュアル
ミッションオイル、
デフォイル交換
・作業時間10分~
・作業工賃1,500円(+税)
ブレーキ
フルード交換
・作業時間20分~
・作業工賃3,000円(税抜)
パワース
テアリング
フルード交換
・作業時間15分~
・作業工賃1,500円(税抜)
エンジン
内部清掃
エンジンクリア
・作業時間5分~
・作業工賃2,800円(税抜)
機械式エンジン
フラッシング
・作業時間30分~
・作業工賃6,000円(税抜)

エンジンオイル交換ならイエローハットがオススメ!

車のエンジンオイルは、走行距離3,000km~5,000km、もしくは3ヶ月~6ヶ月での交換が理想的です。運転の状況によっては、これより早いスパンでの交換が望まれます。エンジンオイル交換の作業時間はそれほどかかりませんが、人気店舗や休日などのタイミングでは、混み具合によって時間がかかる場合があるでしょう。

イエローハットのオイル交換は、インターネットによる24時間受付可能の「オイル交換ネット予約」をご利用いただけます。最短で翌日からの予約が可能なので、自分の都合に合わせて、エンジンオイル交換の予定を立てられます。エンジンオイルの交換は、ぜひイエローハットにお任せください。


まとめ

忘れてしまいがちなエンジンオイルの交換ですが、交換しないまま走り続けるとエンジンに深刻なダメージを与えてしまいます。最悪の場合、エンジンが動かなくなる原因にもつながるでしょう。車をシビアコンディションで使用していた場合、エンジンオイル交換目安よりも早い交換が必要になります。

イエローハットでは、一部の会員様にエンジンオイル交換の工賃無料サービスを行っています。エンジンオイルの交換やメンテナンスをご検討されている方は、イエローハットの24時間受付可能なオイル交換ネット予約をぜひご利用ください。