HOME > オイルコラム >エンジンオイルの違いとは?

COLUMN

エンジンオイルの違いとは?ベースオイル・粘度・品質による違いを解説

カー用品店に並ぶエンジンオイルには多くの種類がありますが、車に詳しい方でない限り、それらの違いをご存じの方は少ないのではないでしょうか。
このコラムでは、エンジンオイルの違いについて、ベースオイル、粘度、品質という観点から分かりやすく解説します。また、知っておきたいエンジンオイルの役割や、エンジンオイル交換の方法についても紹介します。

エンジンオイルの違いについて

エンジンオイルには多くの種類がありますが、その違いを知らずに購入して使用すると、思わぬトラブルにつながりかねません。ここでは、「ベースオイル」「粘度」「品質の規格」の3つの点から、エンジンオイルの違いについてお伝えします。

ベースオイルによる違い

     

まず、ベースオイルの違いから見ていきましょう。エンジンオイルには、大きく「全合成油」「部分合成油」「鉱物油」という3つのベースオイルが存在します。

・全合成油
ベースオイルの中でも、最も高品質なのが全合成油です。精製の過程で不純物ができる限り取り除かれ、劣化のしにくさに加え、始動性に優れているのが特徴です。レースなど、エンジンにとって過酷な状況で使用される状況や、エンジンを長時間フル稼働する状況でも優れた能力を発揮します。特に走りにこだわりたい、サーキットでの走行を楽しみたい、という方におすすめのベースオイルです。

・部分合成油
鉱物油と全合成油を配合したベースオイルが部分合成油です。基本性能が高く、コストパフォーマンスに優れたバランスの良いエンジンオイルです。部分合成油の特徴は、低温時におけるエンジン始動の遅さや揮発性の高さといった鉱物油の弱点を全合成油によって補っている点です。毎日車に乗るような方に適したベースオイルです。

・鉱物油
鉱物油は、最もリーズナブルに購入可能なエンジンオイルです。揮発性が高く、酸化が早い特徴があるため、鉱物油を用いる場合は比較的高い頻度でのエンジンオイル交換が推奨されます。また、古くから使われてきたベースオイルであるため、年式の古い車では鉱物油しか使用できない場合があります。


粘度による違い

     

エンジンオイルのパッケージには、「0W-20」や「5W-30」といった数字が記載されています。これはエンジンオイルの粘度を表しています。ここからは、エンジンオイルは粘度によって、どのような違いが生まれるのか解説します。

・SAE粘度表示とは
エンジンオイルに記載のある、「0W-20」といった表記は、SAE粘度表示という規格によって分類された粘度を示しています。このSAE粘度表示とは、米国自動車協会が標準化した、世界的な粘度表記です。左の数字は低温粘度、右の数字は高温粘度を表しています。数字が小さいほど粘度が柔らかく、数字が大きいほど粘度が硬いエンジンオイルであることを表しています。

・高粘度のエンジンオイルの特徴
高粘度のエンジンオイルのメリットは、エンジンが高回転になる状況下でもエンジンパーツを熱や摩擦から保護できるという点です。また、静寂性や密封作用にも優れています。車への長期間の乗用によってシャフトやピストンなどが摩耗した場合には、少し粘度が硬いエンジンオイルを使うと車のパフォーマンスが改善する場合があります。一方で、高粘度のエンジンオイルほど燃費性能は低下する傾向にあります。
ただし、粘度を変更する場合には、必ず車の取扱説明書を確認し、メーカー推奨の粘度範囲内のエンジンオイルを選ぶ必要があることは留意しておきましょう。

・低粘度のエンジンオイルの特徴
低粘度のエンジンオイルは、近年エコカー用として採用される場面が増えてきていること、寒冷地でもパフォーマンスを維持しやすいことが特徴として挙げられます。どの程度の低温に対応しているかの目安としては、0W-20がマイナス35度、5W-30がマイナス30度に耐えうるように設計されています。一方で、エンジンの保護性能は高粘度のエンジンオイルと比較すると弱いという特徴もあります。


品質の違い

     

エンジンオイルには品質にも違いがあり、各種規格にて分類されています。ここでは代表的な4つのエンジンオイルの規格を紹介します。

・API規格
API規格は、アメリカ石油協会(American Petroleum Institute)が定めた規格です。認証品にはAPIのシンボルマークが記載されます。 ガソリンエンジンオイルのグレードはSAから始まり、2020年5月に施行されたSPまでの規格が存在します。2番目のアルファベットが進むにつれて、エンジンオイルの品質が良いことを示しています。

・ACEA規格
ACEA規格は、欧州自動車工業会(Association des Constructeurs Europeens d'Automobiles)が定めた規格です。1996年から導入されており、ガソリンエンジン用、軽負荷ディーゼルエンジン用、低灰分ディーゼルエンジン用、高負荷ディーゼルエンジン用の大きく4種類に分類されています。

・ILSAC規格
ILSAC規格表示は、国際潤滑油標準化承認委員会(International Lubricant Standardization and ApprovalCommittee)が定めた規格です。エンジンの小型高出力化と環境負荷低減の両立のために、日米の自動車メーカー組織が制定しました。認証されたエンジンオイルには、スターバーストマークが記載されます。また、2020年5月には、ILSACの次世代規格であるGF-6が施行されています。

・JASO規格
JASO規格は、日本自動車規格(Japanese Automotive Standards Organization)によって定められた規格です。動摩擦維持指数(DFI)、静摩擦維持特性(SFI)、制動時間指数(STI)という3つの特性を測定し、基準指数内であればMA、基準指数以外ならMBと分類されます。


エンジンオイルとの違いが分かりづらいその他のオイル

ここからは、普段車のメンテナンスを行わない方がエンジンオイルと間違えやすい用語を解説し、エンジンオイルとの違いを明確にしていきます。

オートマチックオイル・CVTフルード

     

オートマチックオイルやCVTフルードは、AT車(オートマチックトランスミッション車)の変速機内に使われるオイルを指します。
オートマチックオイルはエンジンの動力を伝え、油圧でギアを変速するだけでなく、エンジンオイルのように変速機内を冷却したり、潤滑したりする役割も担います。
CVTフルードはAT車のうち、CVT(無段変速機)と呼ばれる、ギアが存在しない変速機が使用される車に必要なオイルです。


ミッションオイル

     

ミッションオイルは、MT車(マニュアルトランスミッション車)の変速機内に使われるオイルです。ギアオイルと呼ばれることもあり、オートマチックオイルと同じく、変速機内の潤滑を行い、ギアの摩耗を防ぎ、温度を下げる役割を持ちます。


エンジンオイルは定期的な交換が必要

エンジンオイルの違いについて解説してきましたが、その種類や違いに関係なく、一定期間使用したエンジンオイルは新しいエンジンオイルに交換してあげる必要があります。ここでは、その理由を解説していきます。

エンジンオイル交換が必要な理由

    

万が一、エンジンオイル交換を怠ったまま走行を続けた場合、以下のようなトラブルが発生する危険があります。

・エンジンの焼き付きを起こす
焼き付きとは、エンジンオイルが劣化し、本来持っている潤滑作用や冷却作用が弱まることが原因で起こるトラブルの一つです。シリンダーとピストンの間に通常は存在しているはずの油膜が切れ、シリンダーとピストンが直接接触することで摩擦熱が発生し、お互いが癒着してしまう現象を指します。
定期的にエンジンオイル交換をすることで、潤滑作用や冷却作用が回復するため、このエンジンの焼き付きを防ぐことにつながります。

・燃費が悪化する
エンジン内部のシリンダーとピストンと呼ばれるパーツの間にはわずかな隙間が空いており、その隙間をエンジンオイルが密封することで、燃焼で発生したエネルギーを隙間から逃さないようにしています。しかし、長期間エンジンオイル交換をせずに運転を続けていると、エンジンオイルが劣化して密封作用が弱まるため、パワーロスが発生し、結果的に燃費性能が悪化してしまうことがあります。

・エンジンの寿命を縮める原因になる
燃焼や回転運動によってエンジン内部にはスラッジと呼ばれる汚れが発生します。エンジンオイルには、スラッジを吸着し、分散させる作用がありますが、エンジンオイルが劣化すると、この作用が弱まってエンジン内部に汚れが堆積し、エンジンの寿命を縮める危険があります。


エンジンオイル交換はイエローハットへ!

エンジンオイル交換をご検討している方は、ぜひイエローハットにご依頼ください。ご自身でもエンジンオイル交換は行えますが、専門的な知識や工具の購入が必要ですし、何より廃油の処理は手間がかかります。イエローハットであれば、難しい知識や準備は不要です。専門的な知識を持ったスタッフが責任をもって、スムーズにエンジンオイル交換を実施いたします。

     

また、イエローハットでは「オイル交換WEB予約」というサービスを提供しており、24時間いつでもどこからでもパソコンやスマートフォンからエンジンオイル交換の予約が可能です。予約をしていただければ、当日の待ち時間も短縮でき、スピーディーなエンジンオイル交換が実現可能です。

     

さらに、「クレジット&ポイントカード」「オイル&ポイントカード」にご入会いただければ、エンジンオイルはもちろん、オイルフィルター・エアフィルターの交換工賃が、1年間何度でも無料になる特典もございます。イエローハットは、全国約700店舗を展開しておりますので、ぜひお近くの店舗でエンジンオイル交換をご予約ください。


まとめ

エンジンオイルには大きく「ベースオイル」「粘度」「品質の規格」に違いがあります。また、それぞれに特徴があるため、車によって最適なエンジンオイルは異なります。エンジンオイルの本来の役割を最大限に発揮させるためには、定期的なエンジンオイル交換を心掛けましょう。

     

エンジンオイル交換を検討されている方は、ぜひイエローハットへお任せください。豊富な商品から最適なエンジンオイルの中からおすすめの商品をご提案いたします。車のコンディションを常に整えて、快適なドライブを楽しみましょう。